ロボット組 in 神奈川県相模原市『田名北小学校』(10月3日):壹岐隆邦

『ロはロボットのロ』文化庁公演2日目。
電車とバスを乗り継いで学校へ到着すると、朝を告げる甲高い鳴き声が迎えてくれました。
"コケコッコー"ではなく、なんとも形容しがたい、初めて聞く声……
声のしたほうへ向かってみると



くじゃく!
寄ってらっしゃい見てらっしゃい~!

ここ田名北小学校は今年で創立40周年。

おめでとうございます!

今日の公演も40周年を記念しての公演とのこと。
校章をあしらった瓦せんべいも40周年の記念品です♪




順調に仕込みを終え、500人の子どもたちを迎えての本番。

私は"ロボット"の体育館公演を体験するのは今ツアーが初めて。
はじめから沸き起こる歓声や、物語をちゃんと理解しての反応に、終始驚かされました。
そして文化庁ならではの参加型。
テトが勇気を出して、一人イーストランドへ向けて旅をする場面――
知った歌が聞こえてくると、みんな恐る恐る、一人また一人と歌や手拍子で参加していき、最後には会場いっぱいの手拍子!
まるで不安がるテトをみんなで鼓舞しているかのようで、会場の一体感に感動。
それからも子どもたちの口からは次々と感想やツッコミが溢れ出てくる――
他の演目でもそういう事はよくあるけれど、"ロボット"はまた格別……
"ロボット"の体育館公演、楽しすぎる!!


最後は全員で『テトのパンは"あ"』を歌ってお別れ。
「楽しかった」「また見たい」とたくさん声をかけてくれました。
バラシ中に別れを惜しむ子も……

またきっと会いましょう。
田名北小の皆さま、ありがとうございました!



今日はそのまま移動して次の学校の仕込みへ。

電気を消した時に窓から見えた月が綺麗でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿