ネズミ組 in 千葉県佐倉市『佐倉市民音楽ホール』(10月9日):小林ゆず子

先週の一関公演から少しおやすみを挟んで、今日は千葉県佐倉市の佐倉市民音楽ホールにて公演です。
先輩によると関東での一般公演は7年半ぶりくらいだそうです。本当に久しぶりなんですね。
そんな今回の公演を主催してくださったのは『こどものあしたプロジェクト』さん。2008年には『森は生きている』も公演してくださっています。


搬入もお手伝いいただきました。みんなでご挨拶!

ここ佐倉市はですね、ゲストで出演してくださっている根本大介さんの故郷、印西市のすぐ近くなんですって。というわけで

地元公演♪♪と喜ぶ根本さん。
写真撮らせて!と言うとネズミ帽子まで被ってくれました(*´꒳`*)ありがとうございます!

今日から音響スタッフが高岡さんから裕加さんに交代です。

音響スタッフはなかなか大変です。音響だけでなく、たくさんのシーンで公演を支えてくれています。高岡さんと一緒にギリギリまでいろいろとチェックに勤しんでおりました。
裕加さんこれからよろしくお願いします!高岡さん写真撮れなかったけど本当にお疲れ様でしたm(._.)m

ネズミの涙は高校での公演や演劇鑑賞会さん、市民劇場さんなどに見ていただくことが多いのですが、今日はこどもたちもたくさんいるはず。どんな風に見てもらえるかな?と思いましたが。。。すごくすごくあたたかい公演でした。前説から笑い声が聞こえ、シーンによってはすすり泣きも。ニッケルとリンのシーンもなんだかお客様に見守ってもらっている感覚があり、幸せな公演でした。

公演後はロビーにてお見送りさせてもらいました。こんなステキな看板も発見!!

みんなで集合写真も撮りました!


おまけ


プレゼントにいただいたネズミちゃんは、みんな思い思いのところにつけてましたょ♪わたしはペアでカバンにつけちゃいました!可愛い(^^)




0 件のコメント:

コメントを投稿