森組 in 青森県黒石市『北陽小学校』(11月20日):熊谷みさと

一週間の北海道生活を満喫した我々は、再び飛行機と船に乗って、本州へ戻ってまいりました。



レインボー再びの乗船


そして19日。ピアニストが榊原紀保子さんから大坪夕美さんへ、6月の精・もうひとりのむすめ役が沖まどかさんからわたくし熊谷みさとへチェンジするということで、仕込みとゲネプロがおこなわれました。


外は一面の銀世界


雪の中でトラックがなんだか輝いています


スコップ使いの稽古も本格的にできますね



体育館内では素敵な模様の机でノリノリのライブが開催されていました

寒い寒いと言いながら元気に仕込み、元気にゲネプロをして、今日はおしまい。
あまりの雪なので、明日からのために、ホテルに帰ってから旅リーダーの沢井さんと制作マネージャーに変身した沖さんと一緒に、スコップや長靴や色々を買いに出かけました。
お店まで歩く間もサラサラの雪がどんどん積もってきて、東京育ちの私にとってこんな雪は珍しいものですから、キャッキャとはしゃいでしまいました。



新しく買ったスコップで兵士たちもリアルに楽しい雰囲気です



さて翌朝。


昨日よりもっと積もった校庭で、自分の人型を作って舞台監督もうれしそう。

昨日よりもっと寒い寒いと言いながら、しっかり稽古をして本番!

個人的にちょっぴり久しぶりの舞台だったのでドキドキしていましたが、北陽小学校のみんなが楽しそうにキラキラした目で私たちを見つめてくれたので、とっても幸せな初日を迎えられました。
元気に楽しく舞台に立てるってなんて素晴らしいんでしょう!と喜びが突然波のように押し寄せてきて、心の中が幸せの渦のぐるぐるで眩暈がするようでした。

このメンバーで年末まで各地で公演してまいります。
12月には関東と新潟で一般公演もあります

みなさまに楽しんでいただけるよう、みんなで力を合わせてがんばってゆきます!
どうぞよろしくお願いいたします!!






0 件のコメント:

コメントを投稿