コンサート組 in 福島県 (11月27〜29日):彦坂仁美

『ふくしま文化芸術による子供の育成事業実行委員会』による公演で、福島県の3つの学校に行ってきました!

11/26(日)にこんにゃく座のハイエースで全員移動して福島県伊達郡川俣町に到着して翌日…
11月27日(月)に川俣南小学校体育館にやって来ました!
なんと!7月に『森は生きている』を観て頂いたそうです!嬉しいですね
どうしてこんにゃく座って言うのかな?の質問には、衣裳がこんにゃく色だから、等元気な発言があったり、ずっと楽しい雰囲気の中で歌いました!
パパゲーノとパパゲーナの二重唱を稽古するひろかちゃんとゆうちゃん


今日のピアノはどんなかな?関さん


川俣町はシャモが有名だそうでシャモ親子丼を食べました。嬉しそうなひろかちゃん




そして猪苗代町に移動したら
雪です!雪!



11月28(火)千里小学校の体育館にやって来ました!
校長先生が谷川俊太郎さんの詩『歩くうた』が大好きで、歌になってるのを初めて聴かれたと終演後に校長室にお伺いした時におっしゃいました。

お礼のことばで「雨の音楽が心に残りました」と聞き喜ぶメンバー。ステキな花束もありがとうございました!



そして石川郡浅川町に移動すると雪は全くありませんでした!
翌日11月29日(水)浅川中学校体育館にやって来ました!
このツアーのラストです

こんにゃく体操のコーナーでは全員でぶらぶらや腰回しなどをやりました。


ゆうちゃんのソロ『空気のうた』ではあちこち笑い声が聞こえてきたり中学生にも楽しんで頂けたようです。
生徒会長のお礼の言葉を聞いて又々喜ぶメンバー




あっと言う間に終わってしまったコンサート。たくさんの笑顔に包まれた幸せな時間でした。
どうもありがとうございます!
おしまい

0 件のコメント:

コメントを投稿