森組 in 新潟県新潟市『りゅーとぴあコンサートホール』(12月24日):泉篤史

皆さま、メリークリスマス!!

そう、今日はクリスマスイブ。クリスマスツリーにプレゼント、イルミネーション。なんだかうきうきわくわくしてきますね。僕はさらにそれ以上にうきうきわくわくしています。なぜかって?ふふふ…何を隠そう、今日は私の出身県、新潟で公演があるからなのです!!!
去年のオペラ『ロのロボットのロ』で凱旋公演ができたと思ったら、はやくも2回目の公演が実現なんて。嬉しすぎます。これがまず僕のうきうきわくわくポイントその一。


そして、今回の公演会場にも思い入れがあります。
前回のオペラ『ロはロボットのロ』は、りゅーとぴあの劇場での公演でしたが、今回の会場はりゅーとぴあコンサートホール。ここは、僕が新潟で大学生だった頃によく使わせてもらっていたホールなんです。当時、僕は学生オーケストラに所属してトランペットを吹いていました。そのオケが定期演奏会を開くときにここのホールを毎年使っていたんです。
ずーっとお世話になったホールで、まさかこんにゃく座になってオペラを公演できる日が来るなんて夢にも思いませんませんでした。うー、感無量!!!
これがうきうきわくわくポイントその二。
…とこんな感じで、今日の座日記は僕の個人的な思い出日記になることと思います。どうかご容赦くださいませ(笑)



搬入開始!大久保哲もうきうきわくわく。


開始早々いろいろな思い出が蘇って、僕だけ異様にうきうきわくわくしながら、仕込みを始めます。ここ最近は、サンタ帽をかぶったクリスマス仕様で仕込みをしてきた僕たち。今日はクリスマスイブ当日!!ということで気合いを入れてサンタ帽をかぶります。


荷物を…

せっせと運ぶ!

サンタ帽を被っての仕込みはやっぱりラインになって荷物を運んでる時が一番ですね!
お客さんにオペラというプレゼントをせっせと運ぶサンタたち。んー。かわいい。格好はおちゃらけているように見えますが、仕事は真剣に取り組みます(笑)


仕込みを始めるために、照明部はまず照明を吊るすバトンを下に降ろします。



なんと!!バトンが真っ白い!!


ん?バトンが白いのがなんなの?と思われるかと思いますが、普通は客席から機材が目立たないように、劇場の照明機材や装置は黒く塗られています。だから、今回のように白いバトンに白い照明機材はなんだか新鮮。いつもとは違う感覚に、またもやうきうきわくわくしてきます。

今回のホールは袖が低くて、照明部が仕込みをしている時に大道具を組み立てるスペースがありません。んー困った。考えた僕たちは…


照明を吊るバトンとバトンの間に道具を並べて組み立てます。

今までいくつも難所を切り抜けてきた森組。多少なりとも逞しくなりました。あの手この手で仕込みを進めて行きます。

話は変わりますが実はこのホール、かつて2012年にも『森は生きている』を上演しているんです!!
その証拠がこちら!!


路都さんと2012年公演のサイン

ここの舞台裏の壁には、今までこのホールで公演をしてきた国内外のオーケストラやアーティストなどのサインが一面に書かれているのです。こんにゃく座のサインもご覧の通り。

さあ、そんなこんなでコンサートホールも立派なオペラハウスへと生まれ変わりました。


奥のパイプオルガンが荘厳な雰囲気。


いつものように本番前の稽古開始。
稽古も、やっぱりクリスマスバージョンで進んでいきます。いつもは青と金色が基調の二月の精も、稽古の時はサンタクロースに変身っ!


全身サンタ。キマっております。


そして本番。クリスマス公演ということで、子どもたちもたくさん会場に来てくれていました。開演までは子どもたちの賑やかな声が聞こえていましたが、いざオペラが開演すると、しいん…と静まり返り、繰り広げられるオペラの世界に魅入ってくれているようでした。大人も子どもも、ひとつも聴きもらすまい、見過ごすまいとしてくれているよう。熱心なお客さんの反応を感じながら、オペラを紡いでいく僕たち。こんなに集中してみてくれていると、こちらも身が引き締まってぐぐぐっと集中力が高まります。


そして、終演。
お見送りでは、僕の友達、後輩、先輩、知人をはじめ、沢山の方が声をかけてくださいました。こうして観に来て応援してくれる人たちがいること。本当に幸せだなあとしみじみと感じたのでした。観に来てくれた方々、僕たちを呼んでくださったりゅーとぴあの皆さま、本当にありがとうございました!

最後に。僕たちもコンサートホールの壁にサインをさせてもらいました!!!!
ふぉー!!!!


低姿勢で必死にサインを書きます(茂さん)


イラスト、タイトルはむすめ役の高岡画伯。

りゅーとぴあコンサートホールで演奏会なんかでご使用の際は、ぜひ探してみてください(笑)

僕にとってこの壁にサインを書くことは昔からの憧れでした…。はあああ感無量。
ここに書かれた一流のアーティストの方々に負けないように、これからも歌役者として、歌もお芝居もますます精進していくことを胸に誓った泉でした。


〜おまけ〜
トラック組だけはその日は新潟にて一夜を過ごし、翌日の25日クリスマス。


もちろん、サンタクロースになりきって無事帰りましたとさ。

さあ、残すは26日の栃木での千秋楽のみ。がんばるぞー!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿