森組 in 茨城県水戸市『水戸芸術館ACM劇場』(12月2、3日):青木美佐子

水戸芸術館にやってまいりました。シンボルの、高さ100メートルの塔!

ここACM劇場はまんまる。こじんまりとした親密な空間で、響きもとても良いので歌いやすい劇場です。ただ、客席との距離があまりにも近いので、表情など全てがバレバレ!独特の緊張感があります。

11月はずっとTM版(小学校の体育館で公演する短いバージョン)をやってきて、今シーズン初のM版(長いバージョン)ということで、場当たり、ゲネプロ、ミーティング…とじっくり取り組み、劇場を出たのは22時。ライトアップされたシンボルの塔と、満月に近い月が、怪しく光っていました。


さて翌日。いよいよ本番です。今回M版デビューは、むすめ役高岡さんと、もうひとりのむすめ役熊谷さん。新しい家族です。

気合い十分の熊谷さん

音楽監督の萩さんと、制作の湯本さんも駆けつけてくれ、お客様もとても良い雰囲気で、大人も子供も楽しんで観てくださいました。萩さんにも「全体的に良かった。(この森は生きているの公演が)劇場によく合っていた」と言ってもらえて、ひとまずホッ(*^^*)
12月はM版TM版入り乱れ、色々な空間での公演が年末まで続きます。気を引き締めてがんばります!

☆おまけ☆
ミュージアムショップに「森は生きている」特設コーナーが!


カラーの挿絵も素敵な「森は生きている」の原作の本を、座員が何人も買い求めていました。お客様の分が無くなる〜〜(>_<)

0 件のコメント:

コメントを投稿