ネズミ組 in 島根県松江市『島根県民会館』(7月17日):高岡由季

島根県にやってきました!

調子に乗って、島根県柄(?)の手ぬぐいを買ってしまいました。高岡由季です。



毎日暑いので、冷やした保冷剤を手ぬぐいにくるんで、首に巻くという涼み法を編み出しました。

今日は松江市民劇場の皆様方に観ていただきます。
陽射しが搬入口のコンクリートを容赦なく照らし、うだるような暑さになる中で仕込みの搬入もバラしも手伝ってくださいました。
本当に、ありがたいです。
みなさまも熱中症にならないように気を付けて下さいね!

昨日は、公演はお休み。倉敷から松江に移動してきました。
ホテルで貸し出していた浴衣を着て、心もお腹もウキウキ幸せに、美味しい美味しい夕食を頂きました。
浴衣を着た浮かれた人たちで、記念写真も撮りました。ぜひこんにゃく座のインスタグラムもご覧ください♪

みんなでの浴衣記念撮影に少し出遅れた哲くん。


美味しかったね!!

というわけで、パワーをチャージして、今日は元気に仕込み、公演、バラしフルコースです。

照明の仕込み中、いつでも手を貸せるようにそばにいてくれる富山さん。



暗い所で、小道具の確認をしてくれる路都さん。



小道具を、よりよく使うために細工をしている島田さん。



『使いやすくなったわー』と喜ぶ路都さん。



ニッケルとリンのもどかしいラブラブシーンのために、洗濯物を仕込むのぶぶさん。



劇中だけでなく、リアルの世界でもこんにゃく座はこんな風に洗濯物を干します。
相さんが、乾いた洗濯物をとりこんでくれています。



お茶場に行くと、主催のみなさまがお抹茶をたててくださいました。
ネットの情報によると、松江に住んでいる人々は、家庭内だけでなく会社においても、10時と3時に揃ってお茶を飲む休憩時間があるところが今現在でも存在するくらい、抹茶を親しんでいるそうです。
私たちも、このめくるめく慌ただしく思えてしまうような日々のなかでもゆったりと、澄んだ心で、同じ時を過ごすみんなと楽しく過ごせるように、美味しくいただきました。



美味しいしじみ汁もいただきました!



これがもう…本っっ当に美味しくて、この気持ちを何と言えばいいのか調べました。『五臓六腑に染み渡る』味でございました!!特に心に、染み渡りました。

そんなわけで迎えた本番、みなさまは暖かい笑いや拍手で迎えてくださいました。
終演後のお見送りのときも、たくさん声をかけてくださって嬉しかったです。
本当に、本当に、ありがとうございました!!!

終演後、1番前で観てくださっていたちいさなお客さまたちが、ダンボールで作ったというごちそうをプレゼントしてくれました!



可愛い〜〜!!幸せ!!ビール美味しいっ!!

疲れた身体が一気に回復した気分です!パワー全開(*^◯^*)

明日は、米子に向かいます!
今日も、明日も、明後日も!ぶっ飛ばしてくよ〜〜〜!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿