アルレッキーノ組 in 千葉県千葉市『千葉市民会館』(11月19日):島田大翼



林光先生の書かれた歌に「劇場の怪人」というのがありまして。歌詞を縦読みすると「まほじ」となっているアレです。「まほじ」とは演出家・加藤直さんの愛称なんですよ。

本日は『アルレッキーノ』ツアー初日。ちば演劇を見る会の例会です。初日とはいえ、昨日一昨日と劇場を借りてのお稽古がありましたので、それを経て今日の仕込みも実にスムーズなものでした。



今回のツアーで新たにこさえられた棚。ラベリングされ小道具が色々と並んでいます。この演目では料理のシーンなど特に小道具の扱いが忙しいので、「商業演劇っぽいワゴンを作ろう」となったわけです。ちょっと、商業演劇っぽいというのがどういうことなのかはわかりませんでしたが、便利な棚であることは間違いありません。いよいよデビュー戦です。

高岡由季

高岡さんはヘラも新たに自作なさって、ご自身と共にヘラもデビュー戦です。これから毎日びしばし張り切って参りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿