タング組 in 京都府京都市『京都教育文化センター』(3月15〜17日):鈴木あかね

3月15日

いよいよ今期タング千秋楽です!京都に向かいます!

座の4トントラックがホールの駐車場に入らないとのことで、朝から集まって2トントラックに荷物の積み替えです。大きさの違い、わかりますか?




ここ京都教育文化センターは築50年以上という大先輩。数年前に座席や壁のリニューアルがあったそうですが、なかなか趣のあるホールです。

荷物の搬入は正面玄関から。客席を通って舞台に運んだり、少人数でなかなか大変かと思っていましたが、



力強い助っ人、京都労演の亀尾さんが手伝ってくださいました!亀尾さんはなんと2ステージとも写真やビデオの撮影、そしてバラシ搬出まで参加してくださいました!バラシには労演の皆さまにお手伝いいただきまして、本当に助かりました。ありがとうございました!

仕込みの最中に、ピアニストいぐまゆさんご実家のカレー屋さんからカレーの差し入れが!みんなでありがたくいただきます。美味しかったー!



3月16日

最後の公演日は11時と14時の2ステージ!タイトなスケジュールですが、集中してがんばります!

はい、タング!

2ステージ目の前にまどかさんのご両親も駆けつけてくださり、なんとこの日がお誕生日のまどかさんのお父さまにみんなでハッピーバースデーをプレゼントしました。


この日はホール主催の無料公演ということで、たくさんのお客様がいらしてくださり、2ステージとも笑い声や反応の絶えないいいステージになりました。

終演後のお見送りでは、みんな大人気!


大きなケガや病気もなく、無事に全行程を終えることができて、ほっとしましたが、まだこれで終わりません!はい、家に帰るまでが遠足です!

3月17日

ホテルを出て、岡原さんのお母さまが入所されている施設へみんなでお見舞いに。

お顔を見て、お話しして、「森は生きている」「ぼくたちのオペラハウス」「十二月のうた」を歌ってきました!


また来ますと約束をして、一路こんにゃく座へ。

レンタカーから荷物を降ろして解散は20時を過ぎていましたが、無事に戻って来られて今度こそほっとしています。

タングは次回はメンバーチェンジして、また4月から再出発です!観てくださったみなさま、応援してくれたみなさま、ありがとうございました!





0 件のコメント:

コメントを投稿