タング組 in 岐阜県飛騨市『神岡小学校』(12月2日):壹岐隆邦

四方を山に囲まれた岐阜県北端の街、飛騨市は神岡にやってきました。
街並みには昭和の趣が残り、ゆったりとした時間が流れるようーー
しかし、ここは「宇宙科学最先端の町」!
かつて話題になったニュートリノを観測する装置、"スーパーカミオカンデ"の「カミオカ」とは、ここ神岡のこと!

本日公演をする神岡小学校も、外観はごく普通、しかし、

校章がかっこいい!
なんだか最先端を感じます。

上の写真を見てもわかるとおり、今日も防寒必須の寒さです。
完全防備で仕込みます

座日記でも何度か話題になっている「JANGAL(ジャンガル)」、私は初仕込み。
歴代の「FOREST(フォレスト)」「AMAZON(アマゾン)」と同じ仕様かと思いきや、若干違う!
これは、2トン車の車長でもまっすぐ積めるようにとの配慮とのこと。すごい。
棒が短くなった分、ひとりでもバラしやすいという思わぬ副次的な利点も!


人形も収納しやすい設計です



本日は体育館タテ使いなので、こんな感じで幕を吊っていきます


完成!


幕の裏は、こんな感じ


照明は、バスケットボールのゴールに吊ります


制作マネージャーのまどかさんも大忙し


いちだんらく(飛騨のヒゲボボクッキーで一服)

本物のタングを探せ!



ご飯も食べて、開場。
子どもたちは、あいさつの他は静かに行動して、ものの5分で入場完了……!


今日の体育館はものすごい良く響く
子どもたちが騒いだら歌が聞こえなくなるだろうなあと思っていたら、みんな反応するところは反応して、さっと静かに次を聴いてくれる!










寒い中、とっても行儀よく観てくれました!


最後にお礼の言葉とあいさつ


ありがとうございました♪



体育館の隣が学童室らしく、バラシをしていたら「今日のこと絵日記に描くね!」と笑顔で報告してくれる子がいたりして、嬉しくなりました。その絵日記、見てみたい!

バラシ終了とともに、お日さまが顔を出しました


清々しい気分で、岐阜をあとにします。
また会いましょう♪

0 件のコメント:

コメントを投稿