森組 in 福岡県大野城市『大野城まどかぴあ』(3月14日):北野雄一郎

やって来ました我が故郷、福岡県。


福岡県大野城市の大野城まどかぴあでオペラ『森は生きている』オーケストラ版の公演です。

まずは福岡まで二日間かけて、トラック移動しなければなりません。


移動してます

一日目、倉敷で一泊


移動してます

二日目、大野城に着きました。



その翌日。公演前日です。一日かけてしっかり仕込みます。
舞台袖では演出部が作業しています。不要になった木枠でオブジェが出来上がっていました。


客席には、大野城市イメージキャラクターのまどかちゃんがたくさん。その中に混じって、うちのまどかちゃんがいました。


いろんなまどかちゃんがいます。大野城市のまどかちゃんは頭にききょうの花飾りを付けていたので、うちのまどかちゃんは対抗して、まつゆき草を付けていました。


楽屋の方では…ここも何か作業をやってますね。棚を作っているようです。これは、衣装の帽子たちを収める棚のようです。


と、このように準備して、翌日の本番に備えます。



本番当日。
この日は、開演前の影アナをやらせてもらいました。


※これは島田大翼さんtwitterの動画より拝借。

この福岡公演は、客席数50%での2ステージでしたが、1ステージ目は前売完売、2ステージ目もたくさんのお客さまにご来場いただき、ともに温かい拍手で終えることが出来ました。

ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿