アルレッキーノ組 in 静岡県島田市『プラザおおるりホール』(7月18日):青木美佐子

夏の日差しが照りつける中、島田市の「プラザおおるりホール」にやってまいりました。本日は島田市民劇場の皆様に観ていただきます。
良いお天気なので、今日もたくさんの洗濯物!
毎日フル稼働の洗濯機も、洗ってあげます。
キレイになったかなぁ…覗きこむ楽屋部ふたり
一段落してお昼ごはん。近くにある美味しいサンドイッチ屋さんのサンドイッチを買ってきて
頬張るみんな
今日の楽屋はわりと広いので、余裕でストレッチしたり洗濯物を畳んだりできます。
さて、ここ、おおるりホールのピアノは、ベーゼンドルファー・インペリアル・セナトールという大変希少なものだそうです。
普通のピアノより鍵盤が多くて
ピラミッドマホガニーの木目が美しい「セナトール」モデルは、日本に3台しかないそうです。(おおるりホールホームページより)
真理子さんに弾いた感想をお聞きしたら「もう全然違う。とても繊細で面白い」そうです。見た目も音もとても素敵!
本番は、お客様がとてもリラックスして観てくださり、ひとつひとつの出来事にワクワクとした反応があって、ホールの声の響きも良く、楽しくのびのびとした公演になったと思います。

明日は移動日。5日間続いた公演もひと段落です。
リフレッシュしてまた明後日から頑張ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿