森組 in 岐阜県安八郡『名森小学校』(11月12日):入江茉奈

 12日は『森は生きている』初めての体育館公演でした。

前日から仕込みをして、ゲネプロを行います。

広い体育館を埋めつくす装置たち。

改めて見ると、すごい物量です…

初めての体育館公演ということで、照明プランナーの金さんが来てくださいました。

みんなでヒイヒイ言いながら搬入して組んだセットも、照明が入るとこんな素敵な森の

世界に…!

体育館がオペラハウスに生まれ変わるこの瞬間は、何度観ても感動します。


そして12日はあかねさんの誕生日でした(^^)

恒例になりつつある、稽古からのマロさんソロのハッピーバースデー!

喜びの舞を踊るあかねさん。

舞台のことから裏方のことまで、いつも色んなことを教えてくれるとっても心強い先輩です。


同期のゆずさんとあかねさん。白黒でオセロな姿が面白くて写真をもらいました。



今回は午前と午後に分かれて4~6年生に観てもらいました。みんなすごく集中して観てくれて、最後の代表の子の挨拶も、楽しく観てくれたことが伝わってきてとっても嬉しかったです。

私にとって初めての体育館公演で、不安なところも沢山ありましたが、いざ本番が始まってみると、近くで子どもたちが観てくれるというのは想像以上に嬉しく、幸せな体験でした。

これから色んな小学校で『森は生きている』を上演するんだと思うと、ワクワクします。

子どもたちにとってスペシャルな思い出をお届けできるよう、精進して参ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿