森組 in 岐阜県郡上市『相生小学校』(11月15日):花島春枝

 岐阜県郡上市八幡町の相生(あいおい)小学校にやってきました!

日曜日午後、体育館に舞台を立て込みます。

仕込みの前にまずは消毒から。

校庭のすぐ隣を赤い車体の長良川鉄道が走ってゆきます。

あまりにすぐそこを通るので、なんだかワクワクします。

この舞台装置での体育館公演はまだ2回目なので、色々と相談しつつ試行錯誤を繰り返しております。


休憩には大垣おやこ劇場の方からの差し入れのブッセを美味しく頂きます!

あんチーズ味が大人気♪


本番中の早替えが上手くできるよう、衣裳にも工夫を施します。


そして翌日、月曜日。

いよいよ相生小学校の皆さんにオペラ『森は生きている』を観ていただきます。

早朝の体育館は寒い!ので、足首を暖かくして準備運動。


朝食を食べている人もいますね。


いよいよ本番始まると、1年生から6年生まで、ジッと集中して観てくれました!

初めてオペラを観て、これからオペラを他にも観てみたいと言ってくれたり、一つのセットが歌やお芝居によって、色々な森やお城に見えてきて面白いと言って頂きました。嬉しいです〜♫


暖かい太陽の光を求めて外でお弁当の人たち。


お昼を食べて、今度はバラシ。

トラックへテトリスのように、きっちりみっちり積み込んでいきます。


ピアニストの入川さんも、西田さんと一緒に幕を畳んでくれました。


台車に乗って、横移動しながらバミリを外すベテランも!


最後に洗濯物を積んで、荷積み終了。この後は静岡県の袋井へ向かいます!


途中のPAでお団子とポーズ。


今夜のホテルは、小さなところに素敵な拘りが…。本日も一日、お疲れさまでした☆




0 件のコメント:

コメントを投稿