タング組&おんがくかい組 メンバー紹介 2022年春夏ツアー

オペラ『タング〜まほうをかけられた舌〜+うたのステージ』ツアーが始まりました〜! 

※5/1に内容を更新しています!

ほぼ同じメンバーで『こんにゃくざのおんがくかい』ツアーも回りますので、まとめてご紹介します!


【】の中はおんがくかいで担っているそれぞれの歌のパートです♪ 

 テーマは「こどものころに夢見ていた将来の自分」です。どうぞお楽しみください! 


 👨‍🍳少年【バス】金村慎太郎
小さい頃はヴァイオリンを習っていて、将来はヴァイオリニストになる!!なんて夢をみていた時期が少しありました。
才能、センスが皆無だったので中学生の時にすぐ諦めさせられました^_^ ずっと続けてたら、今頃は素敵にメロディー奏でられてたのかなー。とほほ。

 🍛タング【テノール】沢井栄次
小さい頃から暇さえあれば絵を書き続ける少年でした。新聞の折り込みチラシの裏面は自由なキャンバス。お昼を食べてから空想のままに書き続け気付けば夕方になっていた。
授業中も先に予習してあったので授業の概要がこうなんだなと分かるとコソ弁ならぬコソらくがきをしたり、定期試験も問題を解き終わったら問題用紙の裏に絵を描いてた。
そんな感じなので漫画家を夢見たりするのは当然な流れで同じ絵描き友達と2人で藤子不二雄のようになれたらなーと語ってたこともあった。
そんな彼は今はゲームクリエイター、かたや自分は音楽家。
お互いクリエイティブな仕事に就いたという意味では通ずるものがあるのかも。 

 ⭐️クミン【ソプラノ】飯野薫
パワフルな母の働く姿をみて、漠然と、結婚しても子どもが生まれても働いていたい!と思っていました。職業の希望はとくになくて、歌ったり踊ったりするのは好きだからどんな職業に就いてもずっと続けたいなぁと思っていました。るるぶを作る人になりたいと思ったこともあったっけ。なんやかんやあり、歌って踊って旅できる職業に就けました! 

 🌟ナツメグ  西田玲子(4/24)
私は「専業主婦」になりたかったのです。
結婚して、一軒家に住んで、女の子の双子を産み、色違いでフリフリの可愛い洋服を作って着せ、毎日お菓子を焼く。そんなお母さんになりたかったのです。先生にもそう話していたので、通知表にも「素敵な専業主婦になってください」と書いてありました。それが何故こうなったか。
人というのはわからないものです。 

🌟ナツメグ【アルト】鈴木あかね(5/1〜)
母が自宅でピアノを教えていたことから、幼い頃から常に音楽が家の中にありました。歌うことが大好きでしたが、それを生きがいにしていこうと志すのはわりと大きくなってから。中学生の頃は歳の離れた弟妹が可愛くて、保育の現場に憧れて、保母さんになりたいなぁとぼんやり思っていました。普通に結婚して、こどもを産んで、お母さんになると思っていましたが、気づいたら全然違う大人になってましたね。10歳の私が見たら、びっくりするだろうなぁ。

 🎹ピアノ 吉村安見子(タング4/24〜5/21)
小学生の時、昆虫が好きで、よく近所の雑木林に昆虫採集に行った。将来はファーブルみたいな昆虫学者のお嫁さんになりたいと思っていた。今でも甲虫類が大好きで、虫だらけの家で昆虫学者と楽しく暮らすのは、きっと素敵だろうなあ、と思う。 

🎹ピアノ 井口真由子(おんがくかい5/1〜、タング5/29)
娘をピアニストにさせると思っていた母のおかげで、物心ついた時から自分の夢など考えたこともなかったのですが、中学生のとき、演劇部の舞台を観て、すごく感激して、ああ、歌って踊れる舞台女優になりたいって思いました。が母から大反対され、部活動できる時間は与えてもらえず。ともかく桐朋の女子校付属音楽科に入れと言われていたので、東京で一人暮らしはじめれば演劇の勉強勝手にできるかも!って思い、がむしゃらに受験勉強頑張った記憶があります。実際には学校入ったらそれどころではなくて、結局いまでは歌えない踊れない演じれないけれど、演じる舞台でピアノだけでなくいろんな楽器したりして演者とともに舞台に立つことができて、いまはとても舞台生活を満喫させていただいてます。

 🍱制作マネージャー(タング組のみ) 沖まどか
子どものころ。お花屋さんになりたかった。すげぇーー女の子みたいっっ笑 お花屋さんというか、花束を作りたいといいますか、ラッピングをしたいといいますか、、なんだかそんなことを考えていた時期がありましたねー。 

 💡照明部(タング組のみ) 泉篤史
小学校の卒業文集の1ページにみんなの将来の夢を書くコーナーがあった。その頃は将来の夢が思い浮かばず、部活で陸上競技をやっていたのでなんとなく『陸上選手』と書いた。でもなんだかモヤモヤした。本当にやりたいことってなんだろう…と小6なりに考えに考えて、その時好きで習っていたピアノが浮かんだ。まだ学校のみんなにはいったことがなくてなんだか恥ずかしかったのか、自信なさげな文字で小さく小さく『ピアニスト』と書きました(笑)ピアニストの夢は叶いませんでしたが、音楽に関わる仕事がしたい!と意識し出したのはその頃からかもしれません。…こんにゃく座にこれてよかったー!!


0 件のコメント:

コメントを投稿