タング組 in 東京都青梅市『新町小学校』(5月12、13日):沢井栄次

タング組は今日は青梅市の新町小に来ています。
前期の小学校公演はこの学校のみ。貴重な学校公演です。
2020年に実施予定でしたがコロナの影響で延期延期を繰り返し、ようやく今日を迎えられたのでした。
よかったよかった。
1日目は仕込みのみ。2日目はタング3回公演です。
トラックが学校校門前に到着するとちょうど校外授業だったようで「あ!明日の(鑑賞教室の)こんにゃく座だ!」と手を振ってくれました。

 
まずは体育館の消毒清掃から始めます。
今年度入座した新人のおふたりも初めての学校公演体験です。これからいろんな仕込みを学んでがんばってねー。

 
体育館にせっせと荷物を運びこんでいきます。
そうそう、久しぶりのこの感じ。
体育館に荷物を運びこむと仕事してるナーと感じます。

 
この方はこれから夏の時期までの仕事を乗り切るためにニューアイテムを購入した様子。
ファン付きのベスト。これ今ホームセンター界隈で流行ってるんですよね。
本人も「(電池を積んでいるから)おもーい、でもすずしー」とご満悦です。
お腹が弱い僕はあんなに腰を冷やしたらすぐお腹を壊すんじゃないかと心配になりますけどね。

 
今日は仕込みだけなので新人さんにゆっくり丁寧に仕込みのやり方を教えることができます。
あかねさんはロープの結び方を教えていますね。ゴリさんもさまになってます。

 
舞台は完成。これでいったん帰宅。

翌日朝6時台に座を出発して再び新町小へ。
9時から1本目、11時、14時と3ステージです。
どのステージも子どもたちがワイワイ楽しそう。
そうかと思うとジッと静かに観てくれている時もあったり。よく内容を観てくれてるんだなと思いました。

公演が終わって校長先生のお話。
「こんにゃく座の皆さんすごかったねー。校長先生の奥さんもこんにゃく座に入りたくて頑張った頃があったんだよ。」
「みなさん、面白かったですか?もう一度見たいと思った人手を挙げて」
(はーい)
「そしたらね、5/21に川崎アルテリオでタングがもう1回見れるんですって。お父さんとお母さんに言ってもう1回見ましょうね。」
まさかの校長先生から公演の宣伝をして下さって恐縮でございました。
ありがとうございました! 

タング組は次はアルテリオに乗り込みます!


0 件のコメント:

コメントを投稿