ネズミ組 in 群馬県前橋市『昌賢学園まえばしホール』(7月8日):小林ゆず子

オペラ『ネズミの涙』7月最初の公演は群馬県前橋市。
ネズミ組の場合、出発の前に2tトラック荷積みがあり、終わって座に戻ってくると2tトラックの荷下ろしがある、とここまでが大体セットになっているのですね💦
というわけで今回もまずは荷積み!!
トラック組だけで積んだので5人で積みましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ
やってやった感✨
ものすごいスムーズに積めるんですよね。さすが手慣れたもんです。

今回の会場は昌賢学園まえばしホール。
2年前にもネズミの涙でおとずれている、この会場。
本日の舞台監督・下重さんも「ここ覚えてる!この糸巻き!」と仰ってました。
私自身は。。。2年前に来たのに、どんな楽屋だったかなど、すっかり記憶から消えてました(T ^ T)もちろん来たら思い出すんですけどね。というわけで、今度自分が来る時の為に、楽屋通りのことを備忘録的に書いちゃう!

楽屋は畳の大きなお部屋を男女仕切って使いまして。。。その扉を出ると、目の前には自販機!
花さんは、あれも美味しそうだなぁ、これも美味しそうだなぁとたくさん眺めていらっしゃいました🌸

北野さんは早変えがあるため、廊下にメイク前を作るのですが、
今日はなんだかカラフルな感じ。
さっと手を上げると、
鏡を見ていた他のネズミたちもポーズを始めました。頼んだわけでもないのに。まったく愉快なネズミたちです!

って兄さんが倒れている!!
ん?ロッカーの下に長さのメモリ?が!?
だいたい170cmくらいかな。しかし何を測るために誰がつけたのか。。。不思議!
と、
楽屋の記憶、しっかり残った気がします笑

さて今日は前橋南高校さんに見てもらいました♪すごく静かに集中して見てくれていたようで、大きな反応があるわけではなかったのですが。。。終演後に先生から生徒さんの見ている様子などを伺い、じんわりしました。
じっくり見てくださってありがとうございました!!

世の中ではいろいろなことが起こっていて、この作品も見るタイミングによって、伝わり方、感じ方が変化するのだろうなと。今日はよりそんなことを感じました。

この夏の公演も、福井と東京を残すのみ。
真理子さんと一緒にネズミが出来るのもあと2回。本当にいつも支えられています。
最後までピアネズミさま、よろしくお願いします🐭

0 件のコメント:

コメントを投稿