森組 in 沖縄県那覇市『那覇文化芸術劇場なはーと』〜「みるく世がやゆら」を歌う沖縄コンサート in 沖縄県島尻郡『T.tutti』(7月23,24日):沖まどか

7月23日『森は生きている』沖縄公演☆
りっかりっか*フェスタという沖縄で開催される国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ 2022に参加してまいりました!
2005年から毎年開催されているこのファミリーのための国際舞台芸術フェスティバルは世界各国から色々な舞台をされる方々が集まっており、こんにゃく座も2010年『セロ弾きのゴーシュ』2019年『ロはロボットのロ』と参加させていただいております!
今回の『森は生きている』は、なんと発売から約一ヵ月でチケットが完売!!1000人を超えるお客様が観に来て下さるとのことで、沖縄へ行く前からドキドキワクワクバクバクソワソワっ楽しみでなりませんでした⸜( •⌄• )⸝

まずは今回、装置や衣裳を積んだトラックだけをフェリーに乗せて、運んでもらいました!
19日。数名で朝からレンタ2tの荷積みをし、トラックを若洲ふ頭へ☆トラックだけを残してみんなで飛行機というのはなかなかない経験で、ちょっぴり家族と離れるような淋しさが(´・・`)どーか無事に沖縄に到着しますよーに☆としばしの別れを惜しみつつ。。


大きな大きなフェリーに乗っていくのね🚢バイバーーーイ!

トラックと別れて数日後の22日
人間はみな、飛行機で沖縄入りです✈
ちょうど夏休みに入ったところで、子どもたちもいっぱい!大きな大きな飛行機に乗って行きます!


沖も子どもみたいですね…


飛行機からは、なんと、富士山が!わたし、飛行機から富士山見たの、初めてです✨🗻✨


飛行機の中でもコンサートや9月公演の楽譜を見てお勉強している人々。エラい!



到着すると、たくさんの胡蝶蘭とシーサーが出迎えて沖縄感満載🌺



みんな嬉しそうですね♬︎♡


萩さんとバジさん(佐山さん)が一緒に旅をするのは、もう何十年ぶりなんだそうです!嬉しそうな萩さん♡


みんなそれぞれ沖縄に到着し、ホテルに入って、国際通りを散歩したり、やちむん通りで陶器を買い漁ったり、お友達に会ったり(沖縄にお友達がいる人がたくさん!あと、たまたま東京から仕事で友達が来ていたから会ったという人も?!)色々です!
やちむんに行ったのは冬木と茉奈。



大きなシーサーと。「ハイ!シーサー🦁」


やちむんのブレスレット買っちゃったんです♪と嬉しそうな茉奈


萩さんと佐藤さんは、佐藤さんのお友達がやってらっしゃるローカルラジオに出演!!



『森は生きている』のことや、翌日にやるコンサートのこと、こんにゃく座のことをお話されてました!
よかったら、お聞きください↓↓↓※歌の部分はカットされています!
https://m.youtube.com/watch?v=Q-BtEanulNg


トラック引き取り組は港へトラックを迎えに!
劇場に到着すると、今回、こんにゃく座主催公演ということで、特別に同行してくれたななこさん、あずみさん、麦さんが劇場の下見を。





那覇文化芸術劇場なはーとは2021年10月にオープンしたばかりのホールなので、1000人以上の自由席、どこにスタッフを配置するのがいいのか、開演前に来られたお客様にはどこに並んでもらうのか、劇場図面を見ながら、綿密に打ち合わせです。前日からお疲れ様です。ありがとうございます!なはーとはとっても大きい劇場!1600キャパなんですって!客席が海の中の洞窟みたいなイメージなのか、客席の入口から雰囲気があって、椅子は色んな色、天井が青くて、とても綺麗でした♡


伝わりますかしら?

さて、直前の21日にコロナの感染者数が東京は過去最多の3万人を超えたり、沖縄県も5000人を超えて、行動制限が要請されたりして、本当に公演ができるのか最後の最後までドキドキでした。


23日
朝から仕込み、稽古をして、稽古の間にも表方スタッフの打ち合わせがあったり、、そしていよいよ。
開場前にどれだけのお客様が来るか分からないということで、開場時間を30分前倒し。現地の担当の方は、「沖縄の人は基本、開演直前?に来る人がほとんどだと思いますけどねー」とおっしゃった。
が!!!なんと蓋を開けたらあらビックリ!300人近いお客様が開場前から来て下さったんだそーな😀なんとありがたいことでしょう!!!!

たくさんのお客様に見守られて幕が開いた『森は生きている』♫はじめは、子どもちゃんからこわ~いという声があがるも、カラスの歌が聞こえると一緒に歌ったり、マツユキ草が咲いたときには「わーー✨」と声が上がったり、最後にはすごい拍手をいただき、とても嬉しい一学期最後の公演となりました😆
出雲、沖縄と二か所だけでの公演でしたが、新しいメンバーの理恵さんや初めての組み合わせ、あたくしはお母さまが美佐子さんで、とっても新鮮で楽しく演じておりました!また機会があるといいなー。


家族写真。


ホントは仲がいい♥


開演前にパシャパシャ






沖縄の公演ならではの差し入れ!月桃のお饅頭に大満足の一同!!


無事に公演ができて、本当によかったです!!!
ありがとうごさまいました!!

バラし後はトラックをまた港へ。沈む夕日が綺麗だったーーーー!!けど、写真撮るの忘れたーーーー🌇



24日
萩さん企画のコンサート『みるく世がやらゆらを歌う』
「森は生きている」のメンバーでT.tuttiという小さなスタジオでのコンサートをやりました。ソングのステージと合唱曲『みるく世がやゆら』。 これまで私は、うた会では座員全員で、2019年には沖縄で約100名の合唱団の方たちと、この曲を歌ってきました。
今回は各パート3,4人での少人数。
詩の内容をじっくり感じながら、伝わるように想いを込めて歌わせていただきました。
昨今の世の中の情勢、沖縄の方々に聞いていただくこと、そしてこの詩を書いた知念捷くんが初めてこんにゃく座のこの歌を聞きに来てくれたこともあって、感動的でした。
移動日なので、自由行動してくださっていいのに、裏でついてくれている舞台監督の久寿田さん、照明の中島さんもお手伝いに来てくださり、怒涛のコンサートも無事に終えることができました!!

こんなスタジオ↓↓↓





きほこさんのお友達からいただいた差し入れのもずくの天ぷら♡美味しかったーーー!!


スタンバイ中!いよいよです!


ありがとうございました♬︎♡



26日
トラックが沖縄から帰ってきました!


大きなフェリーから降りてきたトラックを見守るふたり!すごく雨が降っていたけど、止んでよかったー!
これから帰って、最後荷下ろしをして、沖縄の旅、一学期の『森は生きている』の旅は終了です!!
本当にお疲れ様でした😊✨✨




おまけ


那覇文化芸術劇場のロビーには緑の大きなモニュメントと少女が。


沖縄の銀行。略して【おきぎん】
「みんなワシの銀行じゃーーーーーーいっ!」
なんちゃって



今回の影アナさんは10月の精さんでした!


全ての行事が終わってホッとした萩さんの羽田での表情✨



蔵出し写真コーナー☆


ニコニコの代表


ちょいワル副代表


フォトジェニック姉さん


破顔のむすめさん


もぐもぐたいむ


華麗に準備中



筋肉の女王


眺める博士


スキンシップと触れる可らずの攻防


座員としての初舞台、おめでとう


光が似合う笑顔




沖縄ツアーの様子を動画にまとめてみました☆
良かったら見てみてね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿