タング組 in 埼玉県久喜市『菖蒲文化会館アミーゴ』(7月31日):飯野薫

タング組は久喜にやってまいりました。
久喜おやこげきじょうさんの例会です。
こんにゃく座はこれまで注文の多い料理店やよだかの星、銀のロバなどご覧いただいています。
このような情勢のなか今日の公演の実現のために動いてくださったおやこげきじょうの皆様、本当にありがとうございます。

他のオペラやコンサートの本番を挟み、タングの本番は2ヶ月ぶり。前日に演出の大石さんと稽古をしました。全員がいっせーのーせ!で動く、パネルを使っての転換の場面は、少しのズレが命取り!とは言い過ぎですが、ピアニストと歌役者とみんなで阿吽の呼吸を思い出し、安心して今日を迎えることが出来ました。

終演後には舞台上に出演者、客席にお客様にお集まりいただき座談会がありました。コロナの影響でここ数年、終演後ロビーでのお見送りが出来ずにいましたが、今回直接感想を伺ったりお話し出来ることがとても嬉しかったです。こんにゃく座の由来となったこんにゃく体操をみていただいたり、質問もたくさんいただいたのでお答えしました。

タング&こんにゃくざのおんがくかいツアーも1学期は今日がラスト!千秋楽でした。お疲れ様でした!また秋に旅します♪

0 件のコメント:

コメントを投稿