よだか組公演日誌:7月2日( 久)

今日は名古屋の港文化小劇場で公演です。
ホール公演は体育館公演より照明を工夫することができます。朋ちゃんは体育館公演の時は道具の方を主に仕込んでいますが、今日は照明に入って貰いました。


危険防止のため、ヘルメット着用で仕込みます

無事仕込みが終わり、公演もとっても喜んでもらえました♪バラシには、長年座を応援する田中さんが手伝って下さいました。ハイエースに荷物を積み終わるやいなや、颯爽とバイクでお帰りになりました。小雨降るなか… 田中さん、本当に有難うございました!
さて、文化小劇場では「芸術三昧!シリーズ」と銘打ち、夏までに様々なジャンルの舞台を企画されています。今回の公演もその一つです。一枚の色紙にそれぞれの舞台出演者のサインを書くのだそうで…


色紙の右上が僕たち。スペースが小さいよ〜

ちなみに下の方は歌手の中島啓江さんと浪曲師の国本武春さん。これからどんどんサインが増えていきます。

そして主催の名古屋おやこセンターの皆さんと記念写真を撮り、ホールをあとにしました。



最後に、名古屋といったらこの方々、ちゅーじさん夫妻です。
ちゅーじさんは翌日から「林光たなばたコンサート」に出演する予定の中、わざわざ観に来て下さいました。そして、公演後にホテルの近くの「串たつ」で串焼きなどご馳走して下さいました。有難うございました!!


美味しかった〜。ご馳走さまでした!!

0 件のコメント:

コメントを投稿