『夏の夜の夢』劇場日誌(10月13日):壹岐隆邦

こちらは埼玉県の本庄市民文化会館。
『夏の夜の夢』4日目――公演折り返しの公演にこっそり潜入してきました。


本日は本庄虹の演劇鑑賞会さんが主催です。

なんと今回が第1回の例会!

そんな記念すべき会にこんにゃく座を呼んで下さって、ありがとうございます!


楽屋のほうへ潜入してみると……

たくさんの種類の小屋食が用意されていました

発見した時には、大きな容器の中身は残りわずか。
大所帯の『夏夢』組のお腹を満たしてくれたようです。

私もこっそりつまみ食い。美味しかったです。ごちそうさまでした♪


続いて、ホールへと潜入してみましょう。

舞台は本番前の稽古の真っ只中!

勢揃いの瞬間

気合い充分です。
役者と楽士さん、合わせて26人!
迫力あります。



本番も楽しく幕を閉じ(ちなみに私はこっそり撮影して、こっそり泣いていました)、大きな拍手!
カーテンコールでは、本庄虹の演劇鑑賞会さんの発足と、こんにゃく座40周年を一緒に祝いました。
本庄虹の演劇鑑賞会の皆様、発足おめでとうございます!
このような会や団体が、もっと増えると良いですね。

それからこの、あちゃらかオペラ『夏の夜の夢』〜嗚呼! 大正浪漫編〜、今期は会員制の公演のみでしたが、もっと沢山の方に観ていただけるよう、再びツアーが組まれる事を心から願っています。



以上、『夏夢』いちファンの壹岐隆邦がお送りしました。




(おまけ)
帰りの電車でこっそり撮った、

ニセコダマ

0 件のコメント:

コメントを投稿