素敵四万十!(レイコ)

張り切って四万十市立文化会館での公演、無事終了しました。

ここ、四万十市では、何度かこんにゃく座も公演をさせていただいていて、なんと『森は生きている』のDVDが完売になるという驚きの事態がありました。

ありがとうございます。

公演終了後、初めての四万十市、是非、四万十川を見たい!という西田のわがままに、担当の高橋さんがちょっと上流の素敵な場所を案内してくれました。

ここは佐田沈下橋。



うるおさんと高橋さん。


水量が多くなったときに橋が流されないよう手摺りなど抵抗のあるものは付けず、沈下してしまう橋なのです。




だからほら、手摺りないでしょ。



道だけ見たらこんな感じ。

山に囲まれて本当に素敵な場所です。


初夏にはここにたくさんの蛍が舞う幻想的な風景が見られるそうです。

嗚呼、なんて美しいのでしょう。



高橋さん、ありがとうございます。


その後、四万十こども演劇祭実行委員会のみなさんとお食事会。

鮎、あおさ、足袋海老など、四万十ならではの美味しいお料理と、お話で盛り上がりました。



男気溢れるユウマくんと。



そして、最後はみんなで記念撮影。

楽しい四万十の夜は更けていく。


また是非来たいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿