高瀬演出版『森は生きている』、グランドファイナル!(ちひろ)


2012年3月24日、こどもの森保育園。
まんまるな瞳をきらきらさせたこどもたちと、森を愛する人たちに見守られながら、2005年にスタートした高瀬久男演出の『森は生きている』は、温かな拍手の中その幕を下ろしました。
頂いた色とりどりの花々が、その花道を飾ってくれているかのようで、それはそれは幸せな千秋楽でした。

『廃墟に森を創る』というコンセプトのこの作品は、3.11を共に生き、ひとつの核心に辿り着いたのではないかと、今はそう確信しています。


***



八尾・和歌山ツアーを終えた森組は、8時間の車移動の翌日、



8時間のサムルノリ稽古を経た夜に、



壹岐くんやさとみ様に手伝って頂きつつ、



無事、荷積み完了!翌朝、早々に栃木へと向かいます。



山羊のさくらちゃんが出迎えてくれた保育園のホールは、




既に木が並んでいました!



そして男性陣はこぞって



天井の高さをチェック!



何故ならば…



トラスが凄まじく天井ギリギリだからなのです!



今日の照明家さまの調光スペースは



これもやっぱり保育園サイズ♪

最後の仕込みを終えた後も、



やっぱり森組らしくマイペースに、



客席 de ランチを楽しんだり、



客席 de ライブを楽しんだり、



客席 de 昼寝を満喫したり、



『片付けられない森の精たち』が出現したり、



いつもと変わらぬ情景が広がっておりました。

4ステージ、全て満席。
木の温もりに包まれた、小さな芝居小屋のような空間の中で、沢山のお客様の熱気に押し上げられるように、光と音が渦を巻いて昇っていくのが見えました。
7年間そこにあったもの。当たり前のような奇跡。

1日目の2ステージを終えた夜、こどもの森保育園の皆様と交流会をさせて頂きました。
心からのおもてなしをして頂き、感謝の気持ちをこめて歌を贈り、そしてみんなで記念撮影。



笑顔満開!

『一瞬の今を千秒にも生きて、この嬉しさを胸に刻もう』

千秋楽の終曲で、盆の上から見たあの光景を、私はきっと忘れません。



楽しかったね~!


***


2005年初演時から関わって下さった、全ての皆様に感謝を。
本当に7年間、ありがとうございました!

+ + + + + + + + + +


■森組 in お稽古場



宿河原のお稽古場でのファイナル稽古。



演出助手のゆかりさんは、最後までこの森を見届けて下さり、



いっくんとしんちゃんは、綺麗にマツユキ草をメンテナンスしてくれました♪

■森組 in 旅先





子どもが弁慶と並んでみたり



カップルが大道芸を楽しんだり。



一同勢揃いの、ホール版打ち上げでは、



S.L.S.素敵女子チームの



素敵照明チーフあやかさまと、12月の精がにっこり♪

■森組 in ホール



主催さまから頂いたみかんは、名前入り。



ピアニストさまから頂いたのは、縁結びのお守り。



何だかめでたい感じのお化粧前になったよ!



今回でお別れの装置。



今回でお別れの光景。



こっそり袖から撮ってみたよ!



コンセプトに統一感のない廷臣たち。



おっかさんに襲われたり、



両肩が肘かけになったりと大変な娘さんですが、



権力とのつながりができたからもう大丈夫!



でも、博士の方が偉そうだぞ…?



何ともいえない笑顔の鰐淵夫妻。



何ともいえない余白の集合写真

■森組



それはそれは賑々しかった森組の仲間たち。



GOOD BYE MY DEAR!!

0 件のコメント:

コメントを投稿