オペラ『ねこのくにのおきゃくさま』お稽古はじまりした!(西田玲子)

オペラ『ねこのくにのおきゃくさま』お稽古はじまりした。


一学期にも公演しましたが、


ピアノできっちり音の確認から。

何となく歌ったりすると知らないうちに音があいまいになったりしますからね。

お稽古場にセットや小道具が入り、衣裳も大物は付けてお稽古します。


あら、これは大臣の猫耳。

帽子と髭もついているので形が崩れないように専用のホルダーがあります。
可愛いお顔が描いてありますね。
本物の大臣とはずいぶん違うような…。

早替えや動作に影響のあるものだけ着けてお稽古したりするので、


ちょっとおかしな格好の人もいます。


振り付けは、めぐ様!

めぐ様は、お稽古を観ているときも常にダンサー開脚。
どんな格好をしていてもいつも美しく、そのすらりとした長い足にうっとりしてしまいます。

そのめぐ様の熱烈お稽古に


キャッ!

踊りすぎてズボンのお尻が破けてしまったかたが。
張り切りすぎですぞ、お気を付けあれ!


ご飯休憩でもお仕事をしている人が。

大石さんはこの旅の制作マネージャーでもあるので、スケジュール確認やお弁当、切符の手配などいろいろなお仕事をしなくてはならないのです。


公演の情報が書かれたシートをもとに確認中。


そして最終通し。


通す前にエネルギー補給。

衣裳を汚さないようにきをつけてね。

この日は体育館公演で照明オペレーターをやってくれる福ちゃんも来て、


照明卓を持ち込んでシミュレーション。


ピアニストはキラキラ猫耳の真理子さん。


今回は、稲城、福井、杏と、広島と一般公演もあります。
お近くの方はぜひぜひ会いに来てくださいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿