森組 in 山口県岩国市『シンフォニア岩国』(12月9日):齊藤路都

新潟りゅーとぴあでの公演の翌日から、山口県岩国市へ向けて大移動致しました。朝から夕方までずっと新幹線に乗り続ける予想以上に長い移動になりました。折よく[森組]メンバー紹介の宿題が発表されたので、それで時間を潰しての移動となりました。


翌日。仕込み→本番→バラし。
会館の近くで、宿泊したので、皆で徒歩でホールに向かいました。道すがら、「を」←この字をなんと呼ぶかという話になりました。私は幼い頃から「ちいさいを」と言っていました。
北海道出身の朋さん、埼玉出身のさとみさんは、「くっつきのを」と言ったそうです。



岩国の朝は凄く寒い。皆さん、厚着ですね。今年の冬は全国的に寒いのでしょうか。行きの道では綺麗に晴れていたのですが、搬入が始まる頃は風が強くなり、空も曇って雪がチラついてきました。主催さんが一緒に搬入をしてくださったので、いつもより早く搬入を完了することができました。ありがとうございました。

それにしても[森は生きている]の公演日に雪が降るというのは、絶好の[森~]日和。ロシアの冬をなんとなく想像させませんか?



因みに三月の精が見ている景色はこんな感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿