『賢治~ブレヒトをめぐる旅』(5月24日):彦坂仁美

5月23日(土)晴れ
新井純、石井ひとみ、歌い語るコンサート『賢治~ブレヒトをめぐる旅』によせて に行ってきました!
会場は西国分寺駅近くにあるいずみホール。響きの良い素晴らしいホールです!
プログラムの中の萩さんの文章をお借りしますと…魅力的なふたりの女優、新井純さんと石井ひとみさんが、ブレヒトと宮沢賢治の詞によるソングを歌います。おふたりともとてもステキな歌をうたわれるのですが、ご一緒に歌うとどんな化学反応が起こるのでしょうか?
オール萩京子作品のコンサート!ワクワクしますね!
ピアニストは萩さんと萩さんのお友達でもある森反ナナ子さん、それからクラリネットの橋爪恵一さん。
そしてコンサート全体の演出に立山ひろみさん。
オープニングは萩さんが颯爽と登場し、あさのまがりかどの歌を弾き始めると、お二人がハイヒールで走りながら登場!ステキ~!
その後のブレヒトソングはひとつひとつにドラマがあって、まるでお芝居を観ているような感じでした。
二重唱は「風がおもてで呼んでいる」
純さんの文章に、大変苦闘した。(いつもかな?)でも稽古を重ねたある日のこと、トンネルを抜け出たようにふっと力が抜けた。そして歌うのが楽しくなった。 
とありました。
稽古を見学したかったなぁ~
今まで聴いたことのない素晴らしい二重唱でした。
ひとつひとつのことばが心に染みてくるんです。
休憩後は朗読と音楽による「オツベルと象」
楽しかった~!
会場は大きな拍手に包まれました。
素晴らしいコンサートでした!又是非再演してほしいです(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿