おぐり組 in 岐阜県岐阜市『岐阜市文化センター』(12月19日):太田まり

本日は岐阜市文化センターでの公演です!
藤沢に続き「おぐりとてるて」にゆかりのある美濃の国での公演です!
美濃の国、青墓の宿(大垣市)、萬屋というところで照手は常陸小萩として下働きしておりました。
その地での公演✨とっても嬉しいです。

岐阜に向かう途中、あっぱれな富士山✨

富士さ〜ん、どうかお客さまに楽しんで頂けますように。


さて、到着!

岐阜市文化センターの皆さんがロビーにこんなに大きな看板を用意して待っていて下さいました✨嬉しいです!



最近「ネズミの涙」のツアーで岐阜に来て、すっかり岐阜好きなメンバーが増えたこんにゃく座、「おーっここが墨俣の宿かぁっ」「わぁ、ここが安八の郡かぁ」「わぁぁぁ照手姫が祀られている結神社!」など私もテンションが上がりっぱなしでした。いっくんは千手観音像も見せてもらったとか!
そんなゆかりの地は私、太田まりのふるさと、名古屋からとても近い‼︎という事が分かり、小学校からの同級生や中学の先生やアルバイト先のケーキ屋さんなどなど、沢山の人が観にきて下さいました♡
東京から来て下さるお客さまも✨
本当にありがたいですm(__)m



本番前の稽古中…
カメラを向けると…


なんだか分かりませんが、何かしてしまうこんにゃくメンバー笑


ん?!餓鬼阿弥…違くない⁈

お上人さまも引いてもらいたかったみたいです笑…(大石さんの表情に注目…。)


最後まで…乗り続けるのですね。。。



鼻をいじられる鬼鹿毛…大石さんっ!

そんなこんなで、本番前に妙な緊張感で身体が固まっていた私は、すっかりリラックス致しました。
…そういう事なのか、大石さん!私の緊張をとる為に!(勘違いの可能性大…。)


こうして無事本番が終わり、ロビーへお見送りに。


ん?!呼んだ?
閻魔大王✨



みんなに会えて喜ぶの巻。

お世話になった方、ずっと仲良くしてくれてるお友達、久しぶりの懐かしいお友達の終演後の表情に、こちらが沢山の喜びをもらってしまいました。

バラシ中、舞台監督に、何ニヤけてるの?と言われるくらい。
とにかく嬉しかったのでした。

嬉しい感想も頂いてしまったので、許可をもらって投稿。

10人とは思えぬ、役者さん達の発せられる物凄いエネルギーを目の前で見せつけられ、まず圧倒❗
それを贅沢な生の音楽が、シンプルな編成で自然に引き立てているのもグッときて✨
演者さん達の技量、作曲者さんのセンスに脱帽です❗皆さん、かっこいい‼

生の舞台を楽しむなら、大仰な音楽や派手な舞台装置は不要、むしろ邪魔なのか?と思い知らされました
題材の妖しさや、息もつかせぬ場面展開も手伝って、心底引き込まれたよ~ ❗

これからも、こんにゃく座とまりちゃんの活動が一層パワーアップし、広く知られていくのを願っています☺


もちろん人それぞれ、色々な感想があると思います!が…嬉しかったぁ〜‼︎
励みになります(>_<) 小学校からの同級生で今はと〜っても素敵なママになっている彼女✨ 本当にありがとう〜っ♡ これからも頑張りますっ‼︎ おまけ
ロビーに何やら怪しいポスターが‼︎
はい、私が開場前にうおりゃーっ‼︎と書かせて頂きました。汚くてすみませんm(__)m

私、3月27日に愛知県名古屋市天白区(私のふるさと)で「太田まりソロコンサート ただいま」というものをやらせて頂きます。
早速お申込みも頂いて嬉しい限り✨
心を込めて、頑張りますっ‼︎

長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さりありがとうございましたm(__)m

*まり@照手*

0 件のコメント:

コメントを投稿