ピノッキオ組 in 東京都練馬区『仲町小学校』(5月6日):西田玲子

GW明けと思いきや、まだお休み中の方もいらっしゃるのか、空いている環七を飛ばしてやってきました中町小学校。
7時から仕込んで、午前、午後の2ステージです。



ものすごく真剣に見てくれて、ピノッキオくんが、金貨を取られちゃいそうな時には「着いていったらダメだよ!」と教えてくれたり、ロバの競りのシーンも「2億円!」とすごい値段が出てきたり、あるシーンでは「質問があります!」と、まるで授業中のようになったり、演じている私たちと一緒にピノッキオくんの冒険を体験してくれているのが感じられて、本当に楽しかったです。

私が入座前に観に行った『ロはロボットのロ』の学校公演を思い出しちゃいました。
あのときも、騙されそうになるテトくんに「ダメだよ!」と会場中から声が出て、ビックリして、それ以上に感動して、こんにゃく座に入りたいと思ったのだったなあ。



さて、こちらはピノッキオ幕間休憩中の下手の様子。


今シーズン、天候に恵まれて、まだ涼しい日ばかりでしたが、それでもオペラ『ピノッキオ』尋常ではない汗をかきます。
衣装、小道具、楽器、私物が入り交じった袖中で、

扇風機で髪を乾かすピアニスト。



汗と早替えで乱れた髪(主に前髪)を整えるゆうこりん。


まろりんはビショビショ過ぎてちょいと諦め気味。


汗との戦いです。


今日はこんにゃく座オペラにもよく出演してくださるピアニスト、紀保子さんが来てくれました。



そして差し入れ、ジャズ羊羮、
お洒落!

0 件のコメント:

コメントを投稿