森組 in 北海道札幌市『新川中央小学校』(11月14日):高岡由季

14日、やって参りましたのは、「新川(しんかわ)中央小学校」!!
富山県出身のみなさんは、「にいかわ」と読みそうになりますね。富山には「新川(にいかわ)」と読む地域がありますからね。




さあ!朝から元気に仕込んで。




舞台完成です。




いつも稽古する、月がえの場面です。
むすめ役の私は、木に登って、季節がどんどん変わっていく森を見ています。
稽古のときだけ下を見下ろして、月の精のみんなを盗み見てみると、12月の精のバジさんがニコっとこっちを見てくれたりして幸せです。



今日は午後のステージなので、本番前にお昼ご飯!
お弁当を食べるのに用意してくださった家庭科室に入ると、



素敵なメッセージ!!
私たちも、ここに来られるのを楽しみにしていました!!
そして、本番!
事前ワークショップでたくさん一緒に歌ったので、子どもたちにまた会えて喜びも倍増です。
目をキラキラさせて観てくれました。
むすめが寒い暗い森に行かされるとき、「まつゆき草をつめばいいんだよ」と教えてくれた優しい男の子もいました。
ソリの歌も、すごく楽しんで歌ってくれました!

ワクワクしている子どもたちってなんでこんなに愛しいんでしょうね?笑
私はもう二度と子どもには戻れないけど、いつまでも、素直に、音楽や踊りや、綺麗な景色やいろんなものにワクワクしていたいと思いました。

本当に、ありがとうございました!





初めてみるハイテクワイパーにはしゃぐまどかさん

0 件のコメント:

コメントを投稿