タング組 in 千葉県佐倉市『内郷小学校』(5月10日):泉篤史

タング組は本日で3公演目。
やってまいりましたのは、千葉県佐倉市!
内郷小学校での公演です。

学校へと向かう道は、深々とした森の中。空は背の高い木にすっぽり覆われて、ちょっぴらうす暗い。この道を使って学校に通う子どもたちは、毎日冒険気分を味わえるんだろうな。羨ましいー!
道の写真、撮り忘れちゃったので森の新緑の中のトラックの写真を代わりに。


本日の公演の主催は佐倉市民音楽ホール。ちょうど改装期間でホールが使えないため、ホールの事業の一環として体育館公演として行うんだそう。
そのため、朝早くの搬入や、ピアノの上げ下ろしを、ホールの職員の方も手伝ってくださいました!感謝!
そのおかげもあって、サクサクっと仕込みが進みます。


そして本番。毎回日が空いての公演が続くので、毎回新鮮で、ちょっぴり緊張感もある。今日もキリッと本番に臨むことが出来ました。
本番が始まると、子どもたちは集中して聴いてくれました。
タングが終わり、最後の感想発表では色んな感想を子どもたちは話してくれました。
「高音から低音まで色々な声を使い分けていてすごいと思いました」と言ってくれた子。「『My favorite Tom-Tom』が印象に残りました」と言ってくれた子。
1番最後に、「見終わったあとにカレーが食べたくなりました!」と言ってくれた子がいて、よっしゃー!と心の中でガッツポーズをしていました(笑)タングは、観終わったあとにカレーが食べたくなるような、そんなオペラになったらいいなーって思っていたので嬉しかったな。

最後に、休憩中、タング頑張るぞー!の集合写真と、美味しい妖精のピアニストを。


0 件のコメント:

コメントを投稿