アルレッキーノ組 in 千葉県千葉市『千葉市民会館』(11月20~22日):西田玲子

主催のNPO法人ちば演劇を見る会さんからいただいたお菓子を両手に笑顔のズメラルディーナ美佐子さん。お菓子の大好きな美佐子さん、嬉しそうです。



さて、昨日めでたく初日が明けたオペラ『アルレッキーノ』今日から3日間、全部で4日間こちらで公演させていただきます。

昨日までは演出家の加藤さん、演出助手の岡原さんもいて外からしっかり守られている感じだったけど、今日からは旅メンバーだけ。
いつもの旅のように各自こんにゃく体操や発声をし、お稽古もお稽古隊長のうるおさんが見ます。





前日音楽が合わなかったところや、改善できそうなところを当たります。

まだ出来上がったばかりのチームなので、気づくことが毎日たくさんあり、お稽古もボリューミー。

毎日そのようにお稽古したことで、千葉での4日間でゲネプロからは随分スムーズになってきたように思います。

3日目には交流会があり、三組のカップルが、見てくださったかたの質問に答えたり、舞台についていろいろお話しして最後に島田くんのアコーディオン伴奏で終曲を歌いました。



最後はみんなで記念撮影。



ところで、私はお稽古前にロビーで発声するのが好きで、誰もいないロビーを歌いながらぶらぶら歩いていたりするのですが、そこで発見。
アルレッキーノ相関図。



うーん、解りやすい!
人間関係がこんがらがって面白いお話なので、こうやって図にしてもらえるとさらにわかってさらに楽しめる!
しかも絵が可愛い!

制作者の会員さんがいらっしゃったので、一緒に写真撮らせていただきました。

この相関図のように、見にきる人がより楽しめるようにという工夫がいろんなところにあって、本当に素敵だな、と嬉しく思います。

さあ、ツアーは始まったばかり、さらに楽しく張り切って参ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿