タング組 in 大阪府大阪市『大阪市立こども文化センター』(6月9日):武田茂

今日は大阪市立こども文化センターでの公演の楽日、一般公演の日です。5月からこのチームで舞台を続けて来て、初めて大人に見てもらいます。どんな反応が起こるか楽しみです。



仕込み、GPの5日に搬入から舞台づくりまで手伝い、録画と写真撮影をしてくれた京都労演の亀尾さんが、録画機を持って駆けつけてくれました。
歌のステージの始まりは、客席の一番後ろのドアから登場します。お客様は驚いて振り返ります。亀尾さんは酒席でここでキャッチが成功してると言っていましたが、お客様の肩の力も抜けるようでした。続く歌も楽しんで聞いてくれました。
休憩後はいよいよタングです。力が抜けて場に居られるようになってきたので、少年との関係などもやっと見えるようになってきたのではないかと思っていたのですが、お客様はクミンとシナモンの登場から既に笑い声をたてています。そしてじっと観ています。私達も集中することが出来ました。手応えがありました。センターの宮本さんの話では皆さん喜んでいた、とのことでした。良かった❗


担当の宮本さんと。お世話になりました❗️

お客様をお送りしている間に玲ちゃんと亀尾さんがばらしをしていました。亀尾さんは搬出、積込まで手伝ってくれました❗いつもありがとうございます。


はい、打ち上げです。佐賀まで運転しなければならぬあかねといずみんを見送って、楽しく飲みました。亀尾さんお元気で。お世話になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿