ロシアツアー(6月8日):萩京子

いつの間にか川はヴォルガ川に入っていました。
静かな流れです。
モスクワを出て23時間後にムィシキン市に降り立ちます。
6月8日の16時半。
日本時間は22時半です。
ここはなんとネズミにゆかりのある町ということで、「ネズミ」とは切っても切れない関係にあるワタクシとしては、気合いが入ります。

この町の伝説では、ネズミが大公の命を救ったとか。
なので、お土産ものはネズミ、ネズミ、ネズミ。


ネズミの歓迎を受けました。

上陸したとき、ネズミの歓迎を受けました(笑)!


ムイシキン市の道の標識、ネズミ!



クマとネズミ!

説明を聞きましたが、忘れてしまいました(笑)!


ここでもネズミに歓迎されました。



村の鍛冶屋

ムイシキン市の村の鍛冶屋さん!


粉ひき小屋見学

粉引き小屋を見学したら、こんな番頭さんが!


わたしのすきなこなひきさん!

わたしのすきなこなひきさんがいました。
お人形かと思ったら、人が入っていて、突然粉引きを始めたので、度肝を抜かれました。



0 件のコメント:

コメントを投稿