森組 in 埼玉県川越市『川越市やまぶき会館』(12月12、13日):佐藤敏之

12月13日[森は生きている]やまぶき会館 主催:川越市立保育園園長会

本日は川越の[やまぶき会館]にやって参りました!

ホール版2日目。
前日に仕込みをして本日東松山の公演と同じく9:30開場,10:00開演です。
こちらのホールは通常9時からしか入れないのですが、少し早く開けて頂き皆それぞれのペースで体を起こします。



ピアニストの榊原きほつんも例外ではありません。カメラを向けるとニコやかな表情を下さいました。


楽屋できほつんの衣裳をチェック。

シャツは衣裳なのですがパンツはきほつんに用意して頂いたものです。お洒落ですねぇ〜

さぁ10分程稽古してあっという間にいざ本番!
本日のちびっこ達も可愛い反応をいっぱいしてくれました。
みんな[森は生きている]の歌を知っているみたいで色んな歌を口ずさんでくれてました。
オオカミが客席から唸りながら登場すると本気で怖がってたみたいです。

舞台は観て下さる方と一緒に作るものなので今日の公演は素晴らしい舞台になったんじゃないかなと思います。



また再会出来ます様に!



オマケ〜

前日の仕込みの日、楽屋で浮き輪を膨らましております理恵ちゃんと伸ちゃん。

さあ一体これはなんでしょう?


正解は…

意地悪なおっかさんと姉娘の衣裳でした〜
この衣裳の中身は何と浮き輪だったのでございます!



オマケその2〜

川越は街並みが本当に素敵なので通常バスで行くところを少し早めに来て伸ちゃんと街を散歩しました。



[大正浪漫夢通り]というところの建物!素晴らしぃ〜タイムスリップしたみたいでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿