森組 in 神奈川県横浜市『川上小学校』(10月5、6日):石窪朋

久々の『森は生きている』の旅公演に照明部としてつきました石窪です。いやいや…大人数の旅公演のメンバーになること自体久しぶりでいろいろドキドキの石窪です(笑)。

オペラ『森は生きている』の旅公演が始まりました~!

5日に体育館をお借りして、仕込み&本番同様に行うゲネプロを行い、6日に小学校の皆さんに観てもらいました!

仕込みの時に、体育館のギャラリーに登り、女王役の高岡由季ちゃんと灯体(照明機材)を吊りながら、下でワイワイと仕込むみんなを見ながら…
「なんか旅って感じですねぇ~」
「やっと始まったって感じだねぇ~」
「始まってよかったですよねぇ~」
「ホントよかったよねぇ~」
なんてかみしめながら、そして、久しぶりなものでいろいろミスりながらも、仕込みをしました。
この…黙々とワイワイとそれぞれ仕込んでいき、体育館が舞台に変わっていく感じがやっぱりとっても好きです。

そして、6日の本番。
川上小学校のみなさんは本当によく観てくれました。
1ステージ目の低学年も、2ステージ目の高学年も、観た後にひとり代表して感想を言ってくれました。
低学年の代表さんは、マスクをしているのにすごく通る声でうれしい感想をキラキラ届けてくれたし、高学年の代表さんは、いかにも思春期な態度で出てきたのですが、読んでくれた感想文は、純粋で率直な感想でうれしくなりました。

とってもいい出発がきれました!
さぁ明日はホテルのロビーに5:35集合!
明日もやるぞ~!

0 件のコメント:

コメントを投稿