オペラ『アルレッキーノ』稽古場日誌(11月24〜29日):高岡由季

アルレッキーノ稽古、はじまっております。

ブリゲッラ役で、久しぶりにアルレッキーノの世界に舞い戻ってきた佐藤さんも、熱く素敵にハッスルしております!

パンフレットに載せるための写真も撮られました♪調理師免許を実は持っている佐藤さん、ブリゲッラの衣裳が似合います!


さて、このご時世、マウスシールドやフェイスガードを着けて稽古するというのが当たり前になってきましたね。


みんな同じマウスシールドを着けていると、間違えて違う人のを着けてしまったりする事故が起きます。そうなってしまっては感染予防どころか菌を広めてしまうことになりかねません。


次第にみんなが着けるマウスシールドも多様化してきました。


北野さんのコレ。

フロリンド役には必須の口髭がマジックで描き込まれています。北野さんのものだと一目でわかるし、一石二鳥ですね!


つぎ、稽古初日にみんなの注目を集めた、うるおさんのコレ。ヘッドセット型です。

普通のマウスガードにある顎当てがないので、大きく口を開けたりするときもストレスがありません。


それに影響を受けて高岡とまろさんが作ったのがコレ。

ゴムの代わりに柔らかい針金を紡いで耳にかけられるようにしたもの。

顎に当たらないのが良いです。安っぽく、ちょっとみすぼらしい気もしますが、そんなことは気にしません。


もはやマウスシールド大喜利みたいになっています。そこで何か心を燃やした大翼さん『俺もマウスシールド作る!』といって次の日。

「ギター弾きながらハーモニカ吹くひとのやつ」みたいなものを作ってきました。

ハンガーで。

横を向いても、マウスシールドは前を向いたまま。

飛沫を防げているかどうかはちょっと謎です。

いざ稽古が始まると、サッと今まで使っていた普通のマウスガードに替えていました。いや使わないんかい!


そんな感じで楽しく稽古しております。

30日まで稽古して、

12月1日にゲネプロ、

12月2日からツアーが始まります!

お楽しみに!!!



0 件のコメント:

コメントを投稿