タング組 in 東京都小金井市『宮地楽器ホール』(5月16日):武田茂

今日は、遊び・文化NPO小金井こらぼさん主催、宮地楽器大ホールでの公演だ。私は腰を痛めてしっまたので9時からの仕込みは免除してもらい替わりに麦さんが応援に来てくれた。

ところで私は、緊急事態宣言は延長になり公演は中止になるだろうと予想していたので気持ちの切り替えが必要でした。気持ちがぶれずに開催にこぎつけた小金井こらぼの皆さんにお礼を申し上げたい。お客さんがいてその反応にいろいろ感じて修正していくことが明日の舞台に繋がっていきます。

12時半から「歌のステージ」の場当たり開始。萩さんからちょっときついダメ出しをもらう。15分休んで「タング」の通し稽古。萩さんもちょっと気に入ってくれたみたいだ。

多恵さんが丁寧に2つともダメを出してくれた。私は足腰を立て続けに怪我したので体が重い。二足目の草鞋の仕事を頑張りすぎて自主稽古から遠ざかっていたので、思うように声が出ない。稽古してその映像を見ると反省ばかりが口から出てくる。

さて本番。お客様に少しは楽しんで頂けたかな?

終演後には観に来ていた久寿田さんがバラしを手伝ってくれました。

6月は岩手の宮古と神奈川の川崎で公演があります。さあ、理想の舞台ができるように稽古稽古だ!

花ちゃんはクミン役(?)として、藍乃は照明オペレーターとして無事に初日を終えることが出来ました。お疲れ様です。さあ、お二人さん、タングの冒険に出発進行。

                                                                            
武田

追伸、5/12の私の誕生日を祝って制作の志野ちゃんがケーキを焼いて来てくれた。皆がハッピイ・バースデイを歌ってくれた。頑張るゾウ‼



仕込みの様子。






主催の小金井こらぼさんと。


タングの装置。

0 件のコメント:

コメントを投稿