森組 in 島根県出雲市『出雲市民会館』(7月6日~8日):熊谷みさと

オペラ『森は生きている』眞鍋演出ピアノ版、とうとう旅立ちの時がやってまいりました!!

ツアーの始まりは島根県出雲市。
こんなにトラック走らせるのも久しぶりな気がするぞ…そうか、私は昨年末以来の旅公演なのでした。
やっぱり旅ってなんだかウキウキしますね!

時折雨にザッと降られたりしつつも、無事に到着しました出雲市。
飛行機組もホテル入りしまして、
翌6日、出雲市民会館にて、張り切って仕込み、ゲネプロです!



じゃんじゃか搬入!


ざくざく仕込み!


篤史は楽屋部花さんのお手伝いで新聞紙のゴミ箱を折り折りしていますね。
最近座内流行している「捨てられるゴミ箱」、衛生的で便利です。


搬入口付近には撮影ブースが作られ、なにやら「いいねー」「美しいー!!」「かっこいい!!」と声が響いてきます…


カメラマン沖まどかに、撮られていたのは紀保子さん。
「みんな褒め上手だね〜、脱がすつもり??」と言っていて愉快でした。


着替え途中にお試し撮影の敏之さん、ふとした表情も映えるので、みんなで「イケメン!」「うわあイケメン!!!」とやたらさわいでしまいました。

そう、もちろんこれは、メンバー紹介のための撮影会。
吉田進也による紹介文とともに、みんなの素敵な表情が見られる2021年7月森組メンバー紹介、ぜひご覧ください!

 


そうして旅の始まりの興奮を隠しきれぬまま、ゲネプロに突入!










響きを聴きながら、動きを確かめながら、しっかりと最後まで通し、その後は演出助手岡原さんからダメ出しをいただき、ちょびっと返し稽古をして、本日は終了!
明日から2日間、頑張るぞー!!
見てくれる高校生に楽しんでもらえますように!!



…………


…………………


……………………………と、意気込んで迎えた7日の朝…


な、なんと、大雨と強風で警報が出ていること、電車が止まってしまっていることなどで、見てくれるはずだった学校の休校が決定、本日の公演中止の報が……

あああああー………

夜中の強い雨にドキッとしたり、熱海のことにも心を痛めていた中だったので、すごくすごく残念でしたが、生徒さんや学校の方々の安全が第一。気象には逆らえないので仕方ありません。

幸い明日は実施の方向だそう!できることを祈っていよう………
今日は突然の休日をゆったりすごそう…

と、思っていたのですが、、
線状降水帯のおかげで更に強まる雨風、止まらぬ警報…

七夕の祈りも荒ぶる天には抗うことができず、8日の公演も続けて中止になってしまいました。
なんということでしょう…


はるばる出雲までゲネプロをしに来て、ホテルでゆるりと休日を過ごしてからのんびりバラして帰るという、ある意味とんでもなく贅沢な数日間を過ごすことになった私たち。



心なしかしょぼくれたバラしのインフォメーション

1日空いただけでとても久しぶりに劇場に来たような、なんだか不思議な気持ちになりました。

「どうせ明日も来るから!」と、片付け途中やプリセット途中で置いてあった物物をそっと収め、各部署丁寧にバラしてトラックに詰め込んでいきました。



この2日間の公演は、昨年、別演目で実施予定だったのが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になったものでした。
やっと実現できるというところでのこの豪雨。もちろん私たちだけでなく、学校の生徒さんや先生方、関係の方々もいろいろな思いを抱えていらっしゃることと思います。
誰が悪いわけでもないけど、悔しくて残念で…

でも、何よりも大切なのはみなさんの安全で、生きてさえいれば、また公演を観ていただける機会だってきっとある!!
その日を楽しみに、みなさんの無事を祈りつつ、私たちも気をつけて帰ります。
被害が酷くならないことを、心から願っています。

また出雲に来られますように!





☆なごみのおまけ☆



かぼちゃパンツのかわいこちゃん激写



0 件のコメント:

コメントを投稿