ロボット組 in 京都府京都市『勧修小学校』(12月2日):熊谷みさと

ロボット組、新潟と三重でのホール版公演を挟みまして、再び体育館へとやって参りました。



どうも、出戻り体育館スタッフ3人組の真ん中のチビ、熊谷です。

私たち、体育館公演にのみ出現する裏方ということで、ホール公演にのみいらっしゃるスタッフの方々とは同じツアーにもかかわらず一度も顔を合わせず、なんだか不思議な気分です。

そんなこんなで何日かぶりにロボットの体育館へやってきたわけですが、数日の間にまためっきり冷え込んで、しかも一瞬帰った東京や神奈川のあたりがずいぶん暖かかったものですから、京都の体育館の寒さはいっそうのものでした。


こちらは仕込みの休憩中、おやつの餅をヒーターで温める理恵さん

角度が良くないとか言いながらバシャバシャ写真を撮っていたら「指が熱い!!手がー!熱い!!」とたいへん辛そうでしたが、そんな苦労をした結果の餅は「大して温かくもない」という状態だったそうで、あんなに苦労してたのに!と大きな笑いの渦を巻き起こしていました。



寸暇を惜しんで裏ロボに効果音の出し方指導をする人たち

一番右の人が持っているのは、ピストルの音を出す道具です。
良い音を出すにはどうしたらいいか、みんなで考えてあげています。優しいですね。



火事布には謎のキスマークが
この銀色の布は火事のシーンで舞台全面に広がる大きな道具なのですが、片側だけ💋がたくさんついています。なぜってそこに転がる相さんの唇がセクシーすぎるから!


ママのキスマークと娘のキス顔いただいちゃいました


順調に仕込みは進み、何日かぶりの体育館バージョンということで少し丁寧に稽古をしてあっという間に開演です。



このツアーでは今日が最後の2ステージ。

元気な子たちが、たくさんの笑い声やツッコミを届けてくれました。
「てってこてとてと♪」の手拍子を一緒に(しかも完璧に!)してくれたり、
終演後に司会の先生が「みなさん楽しかったですかー?」と言ったら
「心から言います!楽しかったです!!」と大きな声で返してくれたりして、めちゃくちゃほっこりしました。


長かったツアーも残すところあと2か所。
体育館は明日でおしまいです。
最後まで丁寧に、ちからをあわせて楽しい舞台をお届けします!




おまけ


理恵さんが持ってるこのカラフルなのは一体…?


テトに巻いてる…??


ココが持ってるのは…『あん』!!

そう、理恵さんはこんにゃく座50周年記念第三弾 新作オペラ『あん』のための採寸をしていたのでした。
カラフルなやつは、制作チーフ・忠地さんが山本さん経由で貸してくれたブラジルのメジャーだそうです!かっこいい!

新作オペラ『あん』、新作なのに、既に全曲完成したそうです!!
こんなことあるんだ!
さすが寺嶋陸也大先生です。

ロボットメンバーもたくさん登場する、2022年2月公演・オペラ『あん』も、どうぞお楽しみに♪♪





0 件のコメント:

コメントを投稿