オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』劇場日誌(9月10日):沖まどか

東池袋からこんにちは。
本日はオペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』ね組、こ組の2日目!!そして明日は千秋楽!!あっという間ですね。

今回は演出部としてこっそり裏に忍んでおります、沖まどかです。
今回の舞台の裏側をちょっぴりご紹介☆
この度は劇場の袖幕や大黒幕を全く使っておりません。なので、劇場の壁がむき出しなのです。袖パネルをちょこちょこ置いてあるだけ!なので袖にいると客席もよく見えるという訳です。


下手袖はこんな!


客席からひょっこり見えないよう気をつけねば!


かと思ったら、舞台からもひょっこり見えないように気をつけなきゃ💦

そして上手袖!

演出部のみんなで描いた本が山積みに!「ぼくの本!🐱」と嬉しそうなルドルフ♪
上手は実に狭いのです。
ですが、上手にはとってもいい場所があるのです!


ブレてる吉田くんが見えますでしょうか?
上手の前、客席の隣部分?に空間があって!そこからよく舞台が見えるんです☆


ほらよく見えます!ちょっとした特等席なのです!


そんな私たち演出部3人レンジャーは、掃除したり、加湿したり、袖からみんなを順々に見守っております!

本日はまずマチネがこ組!
湯田さんとの初めての公演!ということで円陣を組みます♪

あかねさんがずっとやりたがっていた円陣!

エイエイオーーーー!!

マチネ終了後はファンクラブの集いがありました!
富山さん司会で、出演者6名、ファンクラブの方も20名を超える方が集まって下さり、稽古の様子や装置のこと、音楽のこと、道具のこと、色んなお話をさせていただきました。楽しんでいただけましたでしょうかね?





短い時間でしたが、少しでもファンクラブの方だけの特別な時間になっていると嬉しいなと思っております!!
さぁ、そんなイベントに参加出来るオペラシアターこんにゃく座公式ファンクラブ『こんにゃくらぶ』ぜひ、ぜひ入ってみてくださいませ❤

ソワレの公演はね組!

上手のルドちゃん


下手のみんな。「いってきまーーす!!」

衣裳部さん、劇場に入ってからもまだまだ作業は止まりません!

ずっとこの公演を支えてくれています!


そしてここで!
忘れてはならないのは、今回、舞台監督の八木さんが講師をしている学校の生徒さんがインターンとして仕込みから参加してくれています!
毎日、入れ替わり立ち替わり劇場に来てくれており、仕込みでも積極的に動いてくれ、とても助かっておりました。
せっかくなので、舞台のこと、こんにゃく座のことを知ってもらおうとみんなが集合する前の時間を使って、こんにゃく体操をやったり、ロープの巻き方講座をやってみたり、麦さんによるこんにゃく座講座が催されたりしました!



沢山手伝ってくれてありがとう!コロナ禍でなかなか現場の実習がなかったという大学三年生のみんな、これも何かのご縁。またいつか一緒に仕事が出来るといいななんて思います♪


さあ千秋楽、これからも、旅が続くこの作品ですが、みんな、今、ここで、ここでしかできないこの作品を精一杯、生きてくださいませー!!




*おまけ*
この公演には【写々丸】という隠れカメラマンが楽屋をウロウロしています📸

写々丸の激写に成功っ✨


0 件のコメント:

コメントを投稿