森ワーク行ってきました!(彦坂組・ちゃみ)


インフルエンザの嵐に巻き込まれている「森は生きている」ツアーの裏側で、児童参加型の森は生きている公演のための事前ワークショップに行ってきました。

今回は、豊島チーム(豊島理恵さん、齋藤路都、ピアニスト関直子さん)と、彦坂チーム(彦坂仁美さん、熊谷みさと、ピアニスト小林摩湖さん)の2組に分かれての同時進行ワークでした。

初めてのワークでドキドキだった私ですが、彦坂さんの熱い指導のもと、スーパーハイテンションで楽しいワークをしてきました!



ちゃみ劇場



帽子も作りました!

子どもたちはとっても素直で、吸収力も抜群!
出演する子をオーディションで決めた学校まであって、意気込みを感じました。

小6年生からのお礼の合唱に涙したり、



小でおみやげに銀杏をいただいてハッスルしたり。

最後に乗ったタクシーの運転手さんになぜか「だっておたく共立女子出たんでしょう」と決めつけられ、さすがの彦坂さんも困ってしまって摩湖さんと私は爆笑でした。

今回出会った子たちが、本番までにどんなふうに成長して舞台を創るのか、とってもとっても楽しみです。
みんな頑張れ~!!



笑顔でエールを送るひこさまと摩湖さま

+ + + + + + + + + +



帽子が妙に似合ううさぎの方



羽生名物「いがまん」とゆるキャラ「いがまんちゃん」

0 件のコメント:

コメントを投稿