ピノッキオ組 in 千葉県千葉市『西の谷小学校』(6月1日):熊谷みさと

千葉県千葉市にやってきました。


西の谷小学校です


なかなかにコンパクトな舞台だったので、朝の稽古で丁寧に位置確認をしました。



この舞台の奥に吊ってある、ドロップと呼ばれる布を仕込むために、バトンを下ろそうとしたのですが、舞台の両側を探してもスイッチやハンドルがない…これは脚立で頑張るしかないのか…とちょっぴり不安になっていた時、久さまが何かを発見!


この上…


ここを開けたら…


ありました!

素敵な屋根裏部屋です。干し草の布団とか置きたくなりますね。


そんなこんなで準備を進めていたら、さとみ先輩が突然小道具の丸太を穿き始めました。



小道具で遊ぶのやめてください!と言いつつもピッタリサイズで似合うなあなどと思ってしまいましたが、これは遊んでいるのではなくて、へこんできてしまった底を平らに直しているところです。



本日は午前が低学年、午後が高学年の2ステージ。



とっても暑い1日でしたが、こどもたちは素晴らしい集中力と元気な反応を見せてくれました。

始まる前に「なんでこんなの見なきゃいけないのー?」と嫌々やってきた高学年の男の子が、終演後には「一日中これでもいい!」と笑顔で帰って行きました。なんだか作り話のような本当のお話です。やった甲斐があったよーとにやにやしてしまいました。すごく嬉しい出来事でした。


担当の尾川先生は何度もこんにゃく座を呼んでくださっていて、今回も素敵なお心遣いをたくさんいただきました。
お昼は美味しい給食に、素晴らしいデザート、更に手作りのサラダまで!大石さんは「毎日ここで給食がいい」と言っていました。しかしごちそうに夢中すぎて写真を1枚も撮れず…無念!
そしてバラしを終えてくたくたになった私たちに、なんとアイスを持ってきてくれました…沁み渡る…。



送り迎えまでしてくださり、大変お世話になりました。ありがとうございました!!

この勢いで連続2ステージを乗り切るぞー!

0 件のコメント:

コメントを投稿