ネズミ組 in 大阪府豊中市『豊中市立文化芸術センター』(10月19日):塚越光

『ネズミの涙』
夏から客演として出演させていただいています。塚越光です。
客席から観ていた時に「あぁ、、、私もネズミなのだ、、、」と、とっても共感・感動した舞台に出演させていただけることを嬉しく思いながら日々を過ごしています。



今日もリハーサルの合間のふとした瞬間が綺麗でした。
星を見上げる家族。(と、地面と対峙する富山さん。)


さてさて、大阪府は豊中市での公演のお話です。
突然ですがわたくし、『ネズミの涙』を演じる上でとても大事な要素に向き合っております。
ギャグ!です!
笑いは日常はもちろん、物語の大切なスパイスなのです!
そしてこの日の公演地は笑いの殿堂、大阪!
大阪府立刀根山高校の皆さんに関東の!いやさ神奈川の!!いやいや川崎の!!!笑いをお届けするのだ!!!!と一点突破の集中型で我が身を奮い立たせ、公演に臨みました。
結果は果たして。
楽しんでいただけた公演になったのではと思っておりますが。
真相は・・・劇場で皆様ご自身でお確かめください。

私、今回の座組でなんと最年少なのですが、先輩方の情熱と引き出しの多さには舌を巻きっぱなしです。なんか毎日新しいネタ仕込んできます。私も頑張らねば!むーん!



そういえば話は変わりますが、先日のとある日の一日の流れ(いつも楽屋に張り出されるんです)に気になる文章があったので写真を残していました。


校長先生のお話・・・からの"流れでチュー"
流れで。チュー。
チューとは一体はなんなのか。
真相は・・・劇場でお確かめください。


お次は東京で一般公演です。
塚越友人「あの、今度あのホールでやるんでしょ。あのー、、、立方体、、、立方体みたいな」
塚越「六行会(りっこうかい)だよ!」
なんてやり取りをリアルに交わしまして、品川にあります六行会ホールにて二回公演。
果たして六行会は立方体なのか。
真相は・・・・・・いや、これはいいか。




完売御礼!



0 件のコメント:

コメントを投稿