森組 in 静岡県静岡市『静岡市民文化会館』(12月21日):青木美佐子

今年の森の旅も、いよいよ終わりの日が来ました。千穐楽は、静岡おやこ劇場のみなさんに観て頂きます。

四日市のホテルから静岡まで移動。いつもは座員ばかりのワゴン車内に今日は照明スタッフのカッコいい御三方が!
本山さんと

桂さんと祥子さん

広島への長い移動に比べると四日市→静岡はあっという間です。

温かく迎えてくださった実行委員の皆様。

静岡のみかんのように明るく瑞々しい(o^^o)



このほかにも美味しいものをたくさん頂いて、今年最後の本番!
静岡のお客様は、とても小さなお客様が多かったのにじっくりと集中して、おっとり温かく観てくださり、充実した公演になったように感じました。
終演後、ロビーにお見送りに出てみると、素晴らしく楽しい飾り付けが!
今回は静岡おやこ劇場さんの50周年記念例会ということで、これまでに観られてきた数々の公演のポスターが貼られていました。
こんにゃく座のコーナー

今の演出の前の前の演出の森まで!
色々なオペラを観てくださって本当にありがとうございます(*'▽'*)
たくさんの方にお手伝いいただきあっという間に搬出終了。和やかに記念撮影と一本締めをして、今年の森公演は無事終了しました。

お疲れ様の打ち上げをして


翌朝

公演を観にきてくれて、バラシまで手伝ってくれた強力な助っ人たち。
麦と、制作担当の志野と、ゆず。
トラックとワゴンに一緒に乗ってこんにゃく座まで帰りました。
この旅で何回目かの富士山です。


おまけ

差し入れのチョコに喜ぶ娘と女王。赤と黒の頭、黒と赤の衣装。


*青木美佐子*

0 件のコメント:

コメントを投稿