ネズミ組 in 群馬県前橋市『昌賢学園まえばしホール』(10月11日):吉田進也

オペラ『ネズミの涙』いよいよ千秋楽!
最終日は前橋演劇鑑賞会と高崎演劇鑑賞会の皆様に観て頂きました。
4日間のツアー、台風の接近もありずっと雨続きでしたが、千秋楽にしてようやく晴れ!!
リンとニッケルがお洗濯物を干しています。よかったね!

おや……会場の入口になにかあるぞ……
なんと!高崎演劇鑑賞会の会員である吉田だるま店様から「ネズミだるま」をいただきました!カラーリングもネズミの涙ブルー(?)でかわいいですね。
終演後、搬出のお手伝いしていただいた演劇鑑賞会の方々と集合写真を撮りました。皆様ほんとうにありがとうございました!
あら!先ほどのネズミだるまですね!よく見るとだるまの顔とネズミの顔のギャップがかわいいですね!

そして色紙もいただきました!
“Show must go on ”は直訳で「ショウは続けなければならない」ですね。

こうして今年度のネズミの涙ツアーがすべて終了しました。
全4ステージ、このコロナ禍でこんにゃく座を温かく迎えてくださり、ネズミの涙を観ていただけたということが、とてもとても有難く励みになりました。これから別の演目のツアーも始まりますが、“show must go on”の精神で、全国にオペラを届けていきたいと思います。
ということで、また、いつか!
「きっとだよー!」

0 件のコメント:

コメントを投稿