ネズミ組 in 静岡県下田市『下田市民文化会館』(12月15日):沢井栄次

ネズミ組は朝8:30にこんにゃく座を出発、4時間かけて伊豆半島最南端、下田市にやってまいりました。
昨日はみぞれが混じるようなこの冬一番の寒さでしたが、到着の頃には気温は15℃まで上昇。下田は暖かい!
各自、海風にあたりながらひなたぼっこでお昼ご飯を食べ、ホールの使用時間を待ちます。

7月に下田市民劇場さん主催でアルレッキーノを上演する予定でしたがコロナの影響で急きょ公演延期になり、
本日ネズミの涙で無事公演が実現しました。
最初に下田市民劇場の皆さんとご挨拶して

荷物の搬入をお手伝いして頂きました。
重いものも多いのにありがとうございました。

手練れたちはサクサクっと準備して今日は18:30からスタートです。

今日も熱演でやっております。
リンちゃんが亡くなったシーンでは会場からすすり泣く音も聞こえました。
終曲では会場から手拍子が沸き起こり、力強く歩むネズミたちを後押しして頂きました。

バラシもお手伝いして頂き無事終了。最後に記念撮影。
夜遅くまでありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿