森組 in 長野県須坂市『小山小学校』(12月21日):飯野薫

長野にやってきました。耳が痛くなるほど寒いです。はぁ、今朝は寒い。
朝6時にホテルを出発、道には雪が残り、もやがかかって白い空。校庭も白くなっていました。
時間ができると自然とストーブの近くに集まってきてしまう私たちとは違って、休み時間に雪の上をかけまわる生徒さん方をみて、こどもは風の子だ〜!と感心。
そうそう、今日はお昼休みの時間に50周年コンサートのお稽古もしていました。1月4日、どうぞお楽しみに!















舞台装置の床板をみんなで荷下ろししているところ、お寿司屋さんの社長さんみたいに頼もしい感じの方が現れました。我らが旅リーダー、まどかさん。



















学校の先生方がたくさんストーブを用意してくださいました。客席だけでなく、楽屋や舞台裏にまで。ありがとうございます。
紀保子さんも出番直前まであたたまることができます!















兵士とむすめのシーン、毎日やっているのに大石さんはいつも新鮮で素敵でたくさん勉強させてもらっています。一緒にお芝居できるの本当に楽しいです。
佐藤さんの一月の精はとっても優しい目をしていて、むすめばっかりひとり占めしちゃって、もっと客席にみせてあげたいなぁ。
女王様の最後のシーン、心の変化でいろんな表情になっていく女王様のお顔をいつも素敵だなぁと見入っています。
挙げたらキリがないけれど、本公演とは違う新しい組み合わせではじまったこの12月ツアー、また新しい世界をみせてもらっています。

今日は客席から笑い声も聞こえてきてとっても楽しい本番でした。校長先生の素敵なお話もきけました。寒いなか本当にありがとうございました。

さぁ、また明日も早起きがんばるぞー。

0 件のコメント:

コメントを投稿