ロボット組 in 長野県小諸市『美南ガ丘小学校』(10月28,29日):大久保藍乃

長いと思っていても、最後はやっぱりなんだかあっという間だったな。
なんて思っちゃったりします。『ロはロボットのロ』ついに2018年度千秋楽となりました(・∀・)

これまで、神奈川県、静岡県、愛知県、岐阜県っとまわってきましたが、最後2校は長野県!
長野県小諸市にやってくると……、紅葉がっ!!!!

先週までは紅葉はまだだねーなんて言っていましたが、やはりこちらは少し早いようです。空気もヒンヤリ。

最寄り駅は三岡駅。


“おとめ”駅と“みさと”駅の間の駅でした。
せっかくなので、“おとめ”と“みさと”に立って頂きました。


学校には『アルミくん』ってものが…

お家からアルミ缶を持ってきて入れるのでしょうか。
なんだかかわいいですね(・∀・)

さて、今回は公演前日の28日に行き、先に仕込みます。
最後の仕込みとあって、なんだか感慨深いものです。
さあ!最後の仕込み。張り切って行きましょう!!!

ふざけているわけではありませんよ、
衣装の振り分けにむかう薫ちゃんでした。


ふざけているわけではありませんよ、
照明作り中です。
前から見ていた佐藤さんが「もったいないから」ってポーズしてくれました。


みんな大好き台車に座るまどかさん。
台車は物を運ぶだけでなく、人もたくさん乗せました(下記参照)。お世話になりました。


さてさて体育館公演では、学校のステージの緞帳を閉めてそこを楽屋にしますが……
なんと、緞帳ちゃんと閉まらない(>_<)! さぁどうしよう……。
っと、舞台監督の久寿田さんの指示のもと、枠組みが……

そして……

バーーーン!

裏側はこんな感じ。

無事に楽屋の完成です!
さぁ!千秋楽のはじまりです!!

オペラの中でテトの『たったひとつとくいなこと』が始まると、自然と子ども達から手拍子が始まり、歌声もどんどん大きくなりました。
まるでみんなでテトを応援しているようで、この一ヶ月のツアーでテトと一緒に旅した子どもたちみーんなの声援のように感じました。
終演後も私たちがまだお辞儀する前に「面白かったー!明日も来てーー!!!」っと叫んでくれた子もいて、感動的でした。
美南ガ丘小学校には合唱部があるらしく、歌が大好きな子がたくさんいるようです。
最後に歌う『テトのパンはあ』も生き生きと大きな声で一緒に歌いました。

千秋楽なので、みんなで記念撮影!


かわいいアイさん♡



本当にお疲れ様でした!
素敵な出会いをたくさんたくさんありがとうございました☆★

……。
っと、バラシ中にピアノをあげるため集まってくれた先生方の中からなにやら楽しそうな声が……?
「やっぱりそっくりーーー!」
「写真撮ってもいいですかー!!」
人だかりの中には、テトのしんさん…?

しんさんにそっくりな先生!!
笑った顔が似ているのですー(・∀・)
便乗して私も撮っちゃいました。笑。

本当に楽しい楽しい1日でした。
校長先生や担当の先生のお話しも感慨深く、子ども達に舞台を届ける大切さを今一度噛み締める日となりました。
本当に盛り上がった千秋楽になりました。
美南ガ丘小学校のみなさん、本当にありがとうございました。

また皆様にお会いできる日を楽しみにしています♪



◎◎◎◎◎◎◎旅の楽しい写真館◎◎◎◎◎◎◎

座日記には載せきれなかった楽しい写真を載せちゃいます★

まずはみなさんに癒しを。
静香さんにお茶をついでいただいちゃって、ホッと一息です。
お茶のCMとか出られそうです。はい。

つまり、大部屋の旅館でした。
旅館です。浴衣です。

おしんとおしのです。一本余計にです。

それから、ゲロ温泉でのカエル写真はまだまだあります。




カエルの滝です。



友達においしいと聞いた五平餅屋さんが臨時休業でした。
五平餅を持って幸せそうな写真を載せたかったのですが、お休みだったので、そんな感じの写真です。


柴犬好きで有名なゆず子さん。
美濃柴犬と2ショット。

美濃柴犬って言うんですって。良く知る柴犬より随分色が濃いですね。
ちょっと前の朝ドラ『半分、青い。』のロケ地、ふくろう商店街にいました。大福君です。
ドラマにもちょっと出演したとか。さすが芸能人(犬)、完璧なカメラ目線でした。

そして、こちらは熊です。

バスに乗ってはしゃぐくまもんです。ちゃみさんです。

そうだ、
バスにネコもいました。



仕込みやバラシ、空き時間の過ごし方など、ちょっとした瞬間をまとめてみました。

照明のチェック中のあかねさん。


逆立ちちゃみさん。


仕込み中の宇宙人。

あ、間違えた。ゆず子ちゃん。

仕込み中のカエル。


バラシ中の舞台監督。


ついでに台車レパートリーを再投稿。


しげるさんバージョン。


ちゃみさんバージョン。

しんさんシリーズ。
荷下ろしのしんさん。


ピアノ弾きのしんさん。


終演後の黄昏しんさん。



3週間ぐらいほとんどの人が家に帰らないで行きっぱなしのツアーでしたが、大きな事故もなく全21校無事に公演しました。
毎日、キラキラした目の子ども達の前に立ち、毎日元気な歌声、手拍子に迎えられてたくさんのパワーをもらいました。
「また来てねー」って言ってくれる子が多くて、とても嬉しかったです。
本当にまた会えたらいいな。みんなの中にテトとの冒険が思い出になって残りますように。

最後に……
みんなーありがとうーーーー!って感じの写真☆★

0 件のコメント:

コメントを投稿